マット・スキバ、ブリンク182のリユニオンに「おめでとう!」

ツイート

トム・デロングが復帰したことでブリンク182から離れることとなったマット・スキバが、3人のリユニオンを祝福する声明を出した。

◆ブリンク182画像

スキバは、ブリンク182のニュー・シングル「EDGING」がリリースされた日(10月14日)、3人がフィーチャーされたアートワークと笑顔の自身の写真をインスタグラムに投稿し、「相棒たち(マーク・ホッパス、トム・デロング、トラヴィス・バーカー)、ブリンク182の輝かしい復活/リユニオン、そして今日、ニュー・シングルのリリース、おめでとう!!!! 僕が不在の発表やハッピー・エンディングについて、ここでからかう声が上がってるのは知ってるが、僕は本当にブリンクと過ごした時間に感謝しているし、彼らが再びバンド、家族となったことを本当に嬉しく思ってる。僕を迎えてくれたバンド、そしてブリンクのファンみんなに感謝する。君らは美味かった!」とのメッセージをインスタグラムに掲載した。

ブリンク182は先週火曜日(11日)、2015年に脱退した創設メンバーの一人、トム・デロング(G,Vo)がバンドに復帰し、世界ツアーの開催や新曲のリリースがあることを告知。その数日後には、デロングがスキバへ個人的に送ったという感謝のメッセージが公開されていた。

スキバはデロングの脱退直後からブリンク182に加入し、2枚のスタジオ・アルバム『California』(2016年)、『NINE』(2019年)を制作。『California』は全米および全英で1位に輝いた。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報