全米アルバム・チャート、Stray Kidsが今年2作目の1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、韓国のボーイズ・グループStray Kidsの新ミニ・アルバム『MAXIDENT』が初登場で1位に輝いた。3月にリリースした『ODDINARY』に次ぐ、彼らのキャリアで2作目かつ今年2作目の全米1位を獲得した。2022年、韓国のアーティストが1位を獲得するのは、BTSの『Proof』、BLACKPINKの『BORN PINK』も含め4作目となった。

◆Stray Kids画像

先週トップだったバッド・バニーの『Un Verano Sin Ti』は2位に後退。ビヨンセの『RENAISSANCE』が、ヴィニール盤が発売されたことで6位から3位へ再浮上した。

今週は1位のStray Kidsほか、ミーゴスのメンバー2人、クエイヴォとテイクオフのコラボレーション・アルバム『Only Built For Infinity Links』が7位、ラッパーG Herboの5枚目のスタジオ・アルバム『Survivor's Remorse』が9位、チャーリー・プースのサード『CHARLIE』が10位に初登場している。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報