KANGDANIEL、初の単独日本ツアー開催

ツイート

KANGDANIELが初のジャパンツアー<KANGDANIEL : 1st EP Release Tour JOY RIDE THROUGH JAPAN>を開催した。以下、10月16日に行われた神奈川・KT Zepp Yokohama公演のオフィシャルレポートをお届けする。

◆KANGDANIEL画像

   ◆   ◆   ◆

韓国の男性アイドルグループWanna Oneのメンバーとして活動。2019年に韓国でソロデビュー後、数多くのアワードで受賞を果たし、Disney+にてドラマ『キミと僕の警察学校』で主演を飾ったKANGDANIEL(カンダニエル)。

そんな彼が日本デビューEP『Joy Ride』(10月5日発売)を携えて自身初となるジャパンツアー<KANGDANIEL : 1st EP Release Tour JOY RIDE THROUGH JAPAN>を10月15日大阪・Zepp Namba、16日神奈川・KT Zepp Yokohamaで開催した。このレポートでは、最終日となる16日のKT Zepp Yokohama公演の模様をお届けする。

会場には昼過ぎから多くのファンが詰めかけ、ツアーグッズの物販コーナーには早くから長蛇の列が。オープンの時間になるとフロアは瞬く間にファンで埋め尽くされ、今か今かと会場内が期待で包まれた。

照明が消え、壮大なSEとレーザーが目まぐるしく照らされると、オープニングを飾る「Upside Down」のイントロと共にステージ中央には8人のダンサーを従えたKANGDANIELが姿を現した。YouTubeにて2200万回超えを記録しているこの大ヒット曲の日本語バージョンでスタートすると、いきなりアンコールのような盛り上がりを見せる。最初の一言は日本語で「こんにちは、KANGDANIELです! ぼくの初めてのジャパンツアー、<1st EP Release Tour JOY RIDE THROUGH JAPAN>にお越しいただき、ありがとうございます!」と挨拶。ファンはこれに「待っていました!」と拍手で応える。MCでは韓国語に交えて、日本語でのMCにもたくさんチャレンジ。何度か噛んでしまう場面もあったが、それすら持ち前のキャラクターで場を和ませる。

続く「2U」、「Jealous」と全編韓国語の人気曲をパフォーマンスすると、「みなさん、僕のデビューEP『Joy Ride』は聴いてくれていますか!? 今日はこのEPからたくさんの曲を歌いますが、まずは“Joy Ride”を歌います!」と宣言し、「Joy Ride」へ。ダンサー8人が中央に集まり車の形を模写したようなフォーメーションをとると、KANGDANIELはその中に。まるで本物の車に乗り込んだような、そんなユニークなダンスで始まるとバックの巨大LEDスクリーンに街中を駆け抜けるような映像が映し出され、楽曲のテーマにもあった心地よいスピード感で一気に駆け抜けた。


その後ソロとしては初めての日本公演ということで設けられたファンからの質問コーナーに突入。会場入り口に設置されたボックスにファンが書いた質問用紙を本人がランダムで選んで回答をしていくというもので、かわいいと思う日本語やデビューして嬉しかったこと、などたくさんの質問に答えてみせた。ちなみにかわいいと思う日本語は「机」と「膝痛い」だそう。

このコーナーを終えると、「Joy Ride」と同じ日本オリジナル楽曲である「TPIR (feat. MIYAVI)」を披露。MIYAVIが奏でる今までのKANGDANIELにはないギターサウンドと、サビでダンサーと一列になって指を天井に突き刺すような振り付けで会場は一体感を増し、揺れるように盛り上がる。その後、スツールに座ってしっとりと歌い上げる「Moment」や、衣装をチェンジしレーザーでクールな演出が際立つ「PARANOIA」など激しいダンス曲を続けてパフォーマンス。日本盤ではちゃんみなをフィーチャリングに迎えた「Loser」ではスモークでステージが覆われる中、切なくも前に進んでいく様を表現した。



本編最後は「Ride 4 U」を日本語バージョンで、この最高の時間が終わってしまうのを惜しむようにゆっくりと、笑顔で会場に手を振りながら歌い上げた。

アンコールではツアーグッズであるパーカーをまといステージに登場。今回のジャパンツアー最後を飾る楽曲は、日本盤EP『Joy Ride』でも最後に収録された「1000x」だ。《何も恐れることはない / 僕がそばにいるよ》と歌うラブソングに合わせ、会場には「Joy Ride」とサインが書かれたウィングハートが会場に降り注がれた。

こうして、日本のDANITY(ファンの呼称)に愛をたくさん届けたKANGDANIELは、最後は万雷の拍手の中、ダンサー8人と並んで深々とお辞儀をし、ステージを後にした。

クールに歌い、激しいダンスを涼しい顔でこなす。かと思えば、曲が終わると見せるかわいい笑顔や仕草でどんな人も夢中にさせてしまうKANGDANIEL。彼の日本での活動はまだ始まったばかり。これからの活躍にぜひ注目を!


撮影◎yuya mizoguchi

   ◆   ◆   ◆

■<KANGDANIEL : 1st EP Release Tour JOY RIDE THROUGH JAPAN>2022年10月16日(日)@神奈川・KT Zepp Yokohama セットリスト
1. Upside Down (日本語 ver.)
2. 2U
3. Jealous
4. Joy Ride
5. TPIR (feat. MIYAVI) ※MIYAVIは出演しておりません
6. Moment
7. PARANOIA
8. Ready to Ride
9. Parade
10. Loser (feat. ちゃんみな) ※ちゃんみなは出演しておりません
11. Ride 4 U(日本語 ver.)
En1. 1000x(日本語 ver.)

   ◆   ◆   ◆

日本デビューEP『Joy Ride』

2022年10月5日(水)発売
CD購入、配信:https://KANGDANIELJP.lnk.to/joyride
■初回限定盤(CD+DVD)
WPZL-32004~5 ¥3,850(税抜価格¥3,500)
CD収録曲:
Joy Ride
TPIR (feat. MIYAVI)
Upside Down
Loser (feat. ちゃんみな)
Ride 4 U
1000x

DVD収録内容:
「Joy Ride」ミュージック・ビデオ
「Joy Ride」ミュージック・ビデオ メイキング映像

■通常盤(CD)
WPCL-13403 ¥2,750(税抜価格¥2,500)
収録曲:
Joy Ride
TPIR (feat. MIYAVI)
Upside Down
Loser (feat. ちゃんみな)
Ride 4 U
1000x

この記事をツイート

この記事の関連情報