ジューダス・プリースト、K.K.ダウニングとのリユニオン「始まりとなるか、バラバラにされるか」

ツイート
Photo by Justin Borucki

今年のロックの殿堂でミュージカル・エクセレンス・アワードを受賞するジューダス・プリーストは、来月開催される式典で元メンバーのK.K.ダウニングとレス・ビンクスとパフォーマンスする計画を立てているが、それが吉と出るか凶と出るか、わからないという。

◆ジューダス・プリースト画像

ベーシストのイアン・ヒルは『Detroit Metro Times』のインタビューで、ダウニングと和解し彼がバンドに復帰する可能性はあると思うかと問われると、こう答えた。「それに関しては時間は我々の側にない。あり得ないとは言わない、そうしておこう。とにかく、(ダウニングは)ロックの殿堂に出席する。彼は俺らとステージに立ち、何曲かプレイする。それが何かの始まりになるかもしれない。俺にはわからないよ。一方で、彼は俺らをバラバラにするかもしれない(笑)」

式典には、パーキンソン病を患いツアー活動から離れ、英国に在住しているグレン・ティプトンも出席予定だという。

ジューダス・プリーストは、ロブ・ハルフォード(Vo)、イアン・ヒル(B)、グレン・ティプトン(G)、スコット・トラヴィス(Dr)に加え、元メンバーのK.K.ダウニング(G)、レス・ビンクス(Dr)、故デイヴ・ホーランド(Dr)の7人がミュージカル・エクセレンス・アワードを受賞する。

式典は11月5日にロサンゼルスで開催される。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報