全英アルバム・チャート、The 1975が5作連続の1位

ツイート
Photo by Samuel Bradley

今週のUKアルバム・チャートは、The 1975の5枚目のスタジオ・アルバム『Being Funny In A Foreign Language』が初登場で1位を獲得した。The 1975はこれで、2013年のデビュー作から5枚全てのスタジオ・アルバムが全英1位に輝いた。

◆全英チャート 関連画像、動画

2位には、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの今年2作目のスタジオ・アルバム『Return of the Dream Canteen』がチャート・イン。今週はトップ3が新作で占められ、アメリカのラッパー、リル・ベイビーのサード『It’s Only Me』が3位に初登場し、全英における最高位をマークした。

今週はこのほか、アルター・ブリッジの7枚目のスタジオ・アルバム『Pawns & Kings』が6位、英国のインディ・ロック・バンド、ザ・ビッグ・ムーンのサード『Here Is Everything』が9位に初登場している。



シングル・チャートは、サム・スミスとキム・ペトラスのコラボ「Unholy」が4週連続で1位を獲得した。今週はトップ5に動きがなく、デヴィッド・ゲッタとビービー・レクサの「I’m Good (Blue)」が2位、ルイス・キャパルディの「Forget Me」が3位、ワンリパブリックの「I Ain’t Worried」が4位、ビヨンセの「CUFF IT」が5位をキープした。

新たにトップ10入りしたのは2曲あり、ロンドン出身のラッパー、ストームジーの新曲「Hide & Seek」が7位に初登場し、アメリカのシンガー/プロデューサー/コメディアン、オリバー・ツリーとドイツ出身のDJ/プロデューサー、ロビン・シュルツのコラボ「Miss You」が先週の28位から9位に上昇した。




Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報