chilldspot、新曲「get high」が松本穂香&玉城ティナ主演映画『恋のいばら』主題歌に

ツイート

chilldspotが12月16日にリリースする新曲「get high」が、映画『恋のいばら』の主題歌に決定した。

映画『恋のいばら』は、『アルプススタンドのはしの方』、『女子高生に殺されたい』、『ビリーバーズ』などジャンルを問わず話題作を多数生み出し続ける城定秀夫監督の最新作。 主演に松本穂香、玉城ティナ、共演に渡邊圭祐を迎えて、2023年1月6日に全国公開される。




主題歌となる「get high」は、『恋のいばら』の脚本を比喩根(Vo,G)が読み、書き下ろした。chilldspotらしい、切なくも優雅な仕上がりの楽曲となっている。また、挿入歌がchilldspotの代表曲「ネオンを消して」になることも発表されている。

■比喩根 コメント
お話を頂いた時驚きと共に、初めての経験でワクワク感もありました。
こうして映画の一部分として関われてとても光栄です。
「get high」を作るに当たり、『恋のいばら』の台本や原作の映画を読み込み、美しさと歪さの表裏一体感を表現できる様意識をしました。
映画は勿論の事、サウンド感や歌詞にも注目して貰えると幸いです。

Digital Single「get high」

2022年12月16日(金)リリース
配信リンク:https://lnk.to/get_high

映画『恋のいばら』

監督:城定秀夫
脚本:澤井香織・城定秀夫
出演:松本穂香 玉城ティナ 渡邊圭祐
中島歩、阪田マサノブ、不破万作 片岡礼子、白石和子
音楽:ゲイリー芦屋
主題歌:chilldspot「get high」(ポニーキャニオン)
挿入歌:chilldspot「ネオンを消して」(レインボーエンタテインメント)
プロデューサー:村田 亮 柳井 望
協力プロデューサー:堤 静夫 曽根祥子
企画・製作プロダクション:アンリコ
製作幹事・配給:パルコ 宣伝:FINOR
製作:「恋のいばら」製作委員会(パルコ・テレビ東京・ポニーキャニオン・アンリコ)
(c)2023「恋のいばら」製作委員会

・ストーリー
私が恋したカレには、「今カノ」がいる。
どうしてもカレを取り戻したいから、今カノをSNSで特定。
ただ、知りたいだけだった……。

図書館で働く桃(松本穂香)は、突然、フラれてしまった元カレ・健太朗(渡邊圭祐)のインスタを見て、今カノ・莉子(玉城ティナ)の存在を知る。自分とは正反対のイマドキな洗練された莉子に興味を持ち、調べていくうちに、本人を特定。“ある理由”で、莉子に直接会いに行ってしまう…。
今カノ・莉子と対峙した桃は言う。「リベンジポルノって知っていますか?」そして「彼が撮った二人の秘密の写真データを取り返したい…あと、あなたも撮られてないですか…」と。
元カノと今カノ。
出会うはずがないふたりが出会った今、“秘密の共犯関係”が始まろうとしている――。

SNS、特定、浮気、嫉妬、リベンジ…
甘くて危険な、いばらの道の、その先は?
元カノ×今カノ×カレのいびつな三角関係に翻弄される。

◆chilldspot オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報