グレープとしてレコードデビュー50周年を迎えたさだまさし、東京中央郵便局一日郵便局長に就任

ツイート


本日10月25日にフォーク・デュオ“グレープ”としてシングル「雪の朝」(1973.10.25)でレコードデビューしてから50周年を迎えたさだまさしが、“東京中央郵便局一日局長”に就任。その就任式が現在開催中の「デビュー50年の軌跡、歴史、さだまさし 手紙・はがき記念展」会場にて行われた。

◆さだまさし画像

東京中央郵便局とKITTE丸の内4階の旧東京中央郵便局長室にて、10月21日より10月30日まで開催中の「デビュー50年の軌跡、歴史、さだまさし 手紙・はがき記念展」会場での「東京中央郵便局一日局長」任命は、自身の楽曲の歌詞で「手紙」を題材にたくさんの名曲を生み出し、NHK「今夜も生でさだまさし」でも「ハガキ」を通して全国の視聴者とつながる活動を続けるさだならでは。

この日の東京中央郵便局内特設ステージは、一切告知のない中、大勢のファンが集まった。16時をまわって東京中央郵便局の山形局長による挨拶とともに「本日はデビュー50周年を迎えたさだまさしさんをこの記念展会場へお迎えしております」と呼びこまれてさだが登場すると、「“今夜も生でさだまさし”でもハガキでのみ、皆さんのご意見をお受けしているのには理由があります。手紙やハガキっていうのは書こうと思い立ってから書き始めて書き終えて投函して相手に着いたかな?って思う時間までそのことを考えているものです。それって愛のプレゼントでもあると思います」と挨拶し、「最近年賀状を書かないって方も増えてきているようですが、10通でもいいので誰かにそんな愛を送ってあげてください。11月1日から年賀状の受付もスタートしますからね」と、一日局長ならではのコメントも。さらに「たまたま50年を迎えるにあたって今日こういう企画をいただきました。あっちこっちで50周年、50周年って聞こえてきて皆さん飽きてらっしゃるかもしれませんが、私は50周年は初めてですので一所懸命(50周年を)全うさせていただきます」と〆ると、山形局長から“一日郵便局長委嘱状”と“一日郵便局長のタスキ”が贈られ、大勢のファンからの大喝采とともにセレモニーは幕を閉じた。



尚、「デビュー50年の軌跡、歴史、さだまさし 手紙・はがき記念展」は、「感謝」「愛情」「想い」「気持ち」を「言葉」で伝えることの大切さをテーマに各種展示が行われている。東京中央郵便局では、さだからの手紙やはがきを中心に展示。さらに、さだ直筆の文章をもとにしたフォトスポットパネルや、NHK総合「今夜も生でさだまさし」の背景でおなじみの小針画伯による直筆のホワイトボードなど、ファンならずとも必見のフォトスポットが盛りだくさん。一方、旧東京中央郵便局長室では、さだがこれまでに発表した手紙が登場する名曲の数々にまつわるエピソードやデビュー50周年の足跡をたどるパネル展示や、創作活動に関わる貴重なアイテムを展示し、さらに、会場内には今回特別に制作した「さだポスト」を設置。投函された手紙やはがきには、デビュー50周年記念デザインの消印が押され、郵送されるとのこと。そんな見どころ満載の期間限定記念展。

そんなさだは、この10月からのNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」では“語り”としてナレーションを担当し、昨日深夜からは東海ラジオにてレギュラー番組「1時の鬼の魔酔い」をスタートさせるなど、6月に発売した43作目となったオリジナル・アルバム「孤悲」を引っ提げての全国コンサートツアー(5月21日~12月9日)の合間を縫ってマルチに活動中。11月3日にはグレープとして一夜限りの復活コンサートも予定されている。



●『デビュー50年の軌跡、歴史、さだまさし 手紙・はがき記念展』

会場:東京中央郵便局および旧東京中央郵便局長室(KITTE丸の内 4階)
会期:2022年10月21日(金)~10月30日(日)
時間:11時~20時

●GRAPE 50年坂 一夜限りのグレープ復活コンサート

会場:神田共立講堂
開場14時/開演15時
※チケットSOLD OUTにて生配信情報は、
さだまさしオフィシャルHP:https://masasingtown.com/ にて

この記事をツイート

この記事の関連情報