リアーナ、6年ぶり新曲をリリース。『ブラックパンサー』続編のサントラに参加

ツイート


リアーナが、今週金曜日(10月28日)に新曲「Lift Me Up」を発表することを告知した。同曲は来月公開される映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』のサウンドトラックに収録され、リード・シングルとしてリリースされる。

◆リアーナ画像

リアーナは水曜日(26日)、「lift me up 10.28.22」とのメッセージと共に、10秒ほどの音源をSNSで公開した。ソロ名義では2016年に発表したアルバム『ANTI』以来、6年以上ぶりの新曲となる。

曲は、リアーナとナイジェリアのシンガー・ソングライターTems、スウェーデン出身の作曲家で同映画の音楽を手掛けたルートヴィッヒ・ヨーランソン、さらにライアン・クーグラー監督との共作で、前作『ブラックパンサー』(2018年)の主役を演じ、2020年夏に癌により亡くなった俳優チャドウィック・ボーズマンへ捧げているという。

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』は11月11日に劇場公開される。

リアーナは来年2月、第57回スーパーボウルのハーフタイムでパフォーマンスすることが決まっており、それに合わせてニュー・アルバムのリリースがあるのではと期待されている。





Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報