レヴ・アンプリフィケーション、オールチューブ・ギターアンプヘッドG20に限定カラー登場

ツイート

レヴ・アンプリフィケーションから、小規模ライヴ、自宅練習、デスクトップ・レコーディングまで幅広く使用でき、ヘヴィーな歪みまでサウンド・メイキングが可能なオールチューブ・ギターアンプヘッドG20に限定カラーの「ショッキング・レッド」と「シーフォーム・グリーン」の2モデルが登場した。

G20は、ライト・ウェイトでスモール・サイズの筐体に歪みサウンドに重きを置いたアンプで、4W/20Wの切替え可能な出力を備えている。フロント・パネルにはゲイン、トレブル、ミドル、ベース、ヴォリュームの非常にわかりやすいシンプルなコントロールに加え、チャンネル、アグレッション、プリ/ポスト、ワイド切替えおよびストアの5つのスイッチを配置。特徴となるアグレッション・スイッチはチャンネル2選択時に3つのレベル(Off/Blue/Red)を切替え、異なる歪みのキャラクターから選択ができる。背面にはエフェクト・ループやMIDI端子も装備。


プリ真空管にECC83を3本、パワー真空管に6V6を2本使用した伝統的なオール・チューブ・ギター・アンプながら、デジタル・レコーディングにも対応した拡張性を装備。通常のアンプ同様、好みの外部スピーカー・キャビネットに接続して使用できるほか、スピーカー出力を使用せず、バランスXLR出力端子を使用してミキサーやインターフェイスへのダイレクト出力も可能。バランスXLRからの出力では、6パターンのTwo notes Torpedoヴァーチャル・キャビネットを利用することができる。USB端子を利用してPCなどへ接続すれば、Two notesのTorpedo Remoteソフトウェアを用いることが可能になり、EQのコントロールやリヴァーブ空間の選択、キャビネット・シミュレーターやマイク・シミュレーターを利用した緻密なサウンド・メイキングが実現。さらに同ソフトウェアとMIDI端子を使用してセッティングをすることで、手持ちのMIDIコントローラーでヴァーチャル・キャビネットやチャンネル・セレクト、アグレッション切替えなどのユーザー設定を増やしたり、お好みに合わせた実用的なプログラム・チェンジを行うことも可能だ。



この記事をツイート

この記事の関連情報