エルトン・ジョン、北米での最後のコンサートを生配信

ツイート
(C) 2022 Disney and its related entities

エルトン・ジョンが米現地時間11月20日にロサンゼルスのドジャー・スタジアムで開催する北米での最後のコンサートが、『エルトン・ジョン・ライヴ:Farewell From Dodger Stadium』としてディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で生配信される。

エルトン・ジョンは1975年10月、ザ・ビートルズ以来およそ9年ぶり、単独アーティストとしては初となるドジャー・スタジアム公演を行った。同会場で開かれる最後の北米公演では、エルトンに敬意を表して複数のアーティストたちもステージに立つ予定だという。

エルトンは「ドジャー・スタジアムにいる観客だけでなく、ライブを観ている世界中の最高のファンからのエネルギーを感じられることは、僕にとって本当に特別なことです。この記念すべきイベントを世界中で祝うことができ、とてもうれしく思っています。ドジャー・スタジアムのような象徴的なステージで演奏する私の情熱と喜びを、皆さんに感じていただければと思います。ちょうど50年前と同じようにね」とコメントしている。

『エルトン・ジョン・ライヴ:Farewell From Dodger Stadium』の製作総指揮には、Rocket Entertainmentよりデヴィッド・ファーニッシュ、ルーク・ロイド・デイビス、そしてエルトン自身も名を連ねる。本作を提供するDisney Branded TelevisionのAyo Davis社長は「サー・エルトン・ジョンが音楽と文化に与えた影響は計り知れず、このコンサートは歴史に残るイベントになることは間違いありません。私たちは、今回の舞台裏から最前列までの体験を、ディズニープラスの独占生配信で世界中の視聴者にお届けできることにとても興奮しています」と、製作を担当するFulwell 73 Productionsのゲイブ・ターナー氏とベン・ウィンストン氏は「1980年代と90年代にイギリスで育った私たちの世代は、エルトンの音楽が人生のサウンドトラックだった瞬間を数えきれないほど覚えています。エルトン卿とディズニーのチームと一緒に、間違いなく文化的なマイルストーンとなるような作品を作ることができるのは、個人的にもキャリアとしても特筆すべきことであり、とても感謝しています」と述べている。

配信は日本時間11月21日12時半より開始される予定となっている。開演に先立ち、冒頭30分は『エルトン・ライヴへのカウントダウン』を配信する予定とのことだ。

『エルトン・ジョン・ライヴ:Farewell From Dodger Stadium』

ディズニープラスにて、11月21日(月)12:30より独占生配信
※本生配信は英語のみになります。

この記事をツイート

この記事の関連情報