ザック・ワイルド「パンテラじゃないって言われるが、そのとおりだ(笑)」

ツイート

新ラインナップによるパンテラの活動再開には賛否両論あるが、それに参加するザック・ワイルドは、これをパンテラのリユニオンというより祝典と考えているそうだ。

彼は『Ultimate Guitar』のインタビューでこう話した。「“これはパンテラじゃない!”っていう人たちが現れたのは、面白かった。もちろん、これはパンテラじゃない(笑)。フィルとレックスが2人の仲間と一緒に、ダイムとヴィニー、そして彼ら全員の功績を称えるものだ。これはパンテラと彼らが征服した頂への賛美だ。俺はそう見ている」

フィル・アンセルモ(Vo)、レックス・ブラウン(B)、ザック・ワイルド(G)、チャーリー・ベナンテ(Dr)によるパンテラのライヴ活動は、12月2日、メキシコで開かれる<Hell & Heaven Open Air>で始まり、年内、メキシコ、コロンビア、チリ、ブラジルで7公演(6フェスティバル出演+1ヘッドライン公演)が行われる。

スリップノットのコリィ・テイラー、ジューダス・プリーストのロブ・ハルフォード、ニッケルバックのチャド・クルーガー、元メガデスのデイヴィッド・エレフソン、元スレイヤーのデイヴ・ロンバード、ヴィニー・アピス、クリス・ジェリコらは、新生パンテラに賛同の声を上げている。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報