【ライブレポート】米津玄師「人間に戻してもらった、それはみんなのおかげ」2年半ぶり圧巻のツアーファイナル

ツイート

米津玄師の全国ツアー<米津玄師 2022 TOUR / 変身>が、10月27日に埼玉・さいたまスーパーアリーナでファイナルを迎えた。

◆ライブ写真

9月23日の東京・東京体育館公演を皮切りに全国5会場で全10公演が行われ、約10万人を動員した本ツアー。米津がツアーを実施するのは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断を余儀なくされた<米津玄師 2020 TOUR / HYPE>以来約2年半ぶりのこと。待ちに待った“再会”に各地の公演が大きな盛り上がりを見せる中で行われたツアーファイナルにはスペシャルなゲストも登場。米津は彩りあふれる全21曲を圧倒的なパフォーマンスで届け、集まった満員のファンと熱狂の音楽体験を共有した。



客電が落ち、ステージ両脇のスクリーンに映し出されたのは地下駐車場の風景。車で乗り付けたのは米津のオリジナルキャラクター“NIGI chan”で、彼はトランクから取り出したジョウロを手に、エレベーターへと乗り込んだ。ステージ中央で存在感を放つ縦型の巨大LEDビジョンの中で“エレベーター”の扉が開くと、そこにはジョウロを片手に持った米津の姿が。歓喜の拍手に包まれた彼が1曲目に届けたのは「POP SONG」。「変身」をキーワードの1つとして制作され、ミュージックビデオの中で自身も大きな“変身”を遂げたこの曲でライブの幕を開けた米津は、花道に設置されたベルトコンベアで優雅な移動を見せて観客の驚きを誘う。遊び心あふれる演出で冒頭からファンの心をぐっと掴んだ米津は「埼玉ー!」と声を上げ、さらなる熱狂を作り上げた。

絢爛なホーンのサウンドが華やかな「感電」、リズミカルなステップを刻みながら歌声を響かせた「PLACEBO」を終えると、彼は「どーも、米津玄師でーす!」とハイテンションな声色でファンに語りかける。そして満員の客席を見渡し「2年半ぶりのツアー変身、今日が正真正銘最後の日です。思い残すことのないように、ここにすべて吐き出して行こうと思うので、最後までお付き合いよろしくお願いします」と挨拶をした。



続くセクションでも広大な空間をダイナミックに使う演出を駆使しながら、美しいステージングを披露してゆく米津。彼の圧倒的な歌唱と辻本知彦の雄弁な身体表現が観客の目を奪った「迷える羊」ののち、「カナリヤ」では無数の光の線がステージ上に鳥かごを思わせる造形を作り上げる。その中に1人立ち、カナリヤイエローのスポットライトに静かに照らされた米津は、感情の機微を歌に乗せる豊かなパフォーマンスでオーディエンスを惹き付けた。また、「海の幽霊」では深いブルーの光のうねりによってアリーナ空間が広大な海へと姿を変える。ダイナミックな演出と荘厳なサウンドの中心に立つ米津は、スタンドから外したマイクを左手に強く握りしめながら歌に力を込めた。

米津とバンドメンバーの中島宏士(G)、須藤優(B)、堀正輝(Dr)がステージ上に立ち並ぶ形で展開したライブ中盤には「アイネクライネ」「Pale Blue」と珠玉のラブソングが続けて披露され、瑞々しいボーカルとバンドサウンドが観る者の心を揺さぶる。そして「パプリカ」では、ゆっくりと上昇してゆく円形ステージに腰かけ、美しい揺らぎのあるボーカルを響かせた米津。彼の歌声に呼び寄せられるように姿を見せたダンサーたちは無邪気にステージ上を駆け回り、茜色に照らされた空間には無数の紙吹雪がゆったりと宙を舞った。


ひさびさの開催となったツアー、観客が声を出せない状況下で、この日まで9公演を走り抜けてきた感想について、米津は「いざ始まってみればそんなに変わるもんじゃないな、と。要するに、自由に楽しんでくれたらっていう話ですね」と思いを語る。そして彼が「神経に触れるような出来事がまったくない人はいないと思う。『イヤだな』っていう瞬間は人生には絶えないけれど、今日くらいはそういうことがまったくない一夜を過ごせたら、なんていいんだろうと思うんです。人生はクソだけれども、今日がそうじゃなければいい。そう思いながらツアーを回ってきて、今夜もそんな思いが叶う一日であればいいと思います」と続けると、1つひとつのライブに込められた温かな意気込みに、ファンは惜しみない拍手を贈った。



バンドが奏でるパワフルなロックサウンドを米津の厚みのあるボーカルがまっすぐに貫いた「ひまわり」が会場の空気感をがらりと塗り変えると、ライブも佳境。ステージ上のメンバーは「アンビリーバーズ」「ゴーゴー幽霊船」と疾走感あふれるアッパーチューンをドロップし、アグレッシブなボーカルワークと鋭利なバンドサウンドで、オーディエンスを力強く鼓舞してみせた。そして、「爱丽丝」では共同アレンジとギターでこの曲に参加した常田大希(King Gnu/millennium parade)が米津の呼び込みでサプライズ登場。曲の中盤にいきなり姿を見せた常田が思い切りギターをかき鳴らし、米津と向き合って演奏に没頭する姿に、客席はこの日一番の驚きと興奮に包まれた。曲を終えて短く挨拶を交わしたのち、米津は「彼が出てきたとなれば、みんなわかると思うけど……次が最後の曲です。みんなと一緒にやりたいと思います」と、「KICK BACK」をタイトルコール。テレビアニメ「チェンソーマン」のオープニングテーマとして米津が書き下ろし、常田がアレンジに参加したこのアッパーチューンで、ステージ上の面々は圧倒的な狂騒を作り上げる。思うがままにシャウトする米津、拡声器を通したエッジーなコーラスで煽る常田、それぞれの激情が混ざり合い昇華してゆく熱狂の中で、ライブ本編は締めくくられた。

熱を帯びた万雷の拍手を受けてのアンコールは「死神」で幕を開ける。続く「ゆめうつつ」で、米津はシャボン玉が舞い上がる幻想的な空間にゆっくりと歩みを進め、柔らかな歌声で楽曲の世界観を表現。そして、最後のMCで中島に今回のツアーの感想を問われた米津は「コロナ禍の2年間、家にずっといた生活は苦じゃないタイプなんだけど、気付いたら体がバッキバキになっていたというか。“非人間的”な状態から人間に戻る旅だったなって感じがします。このツアーのおかげで人間に戻してもらった、それはみんなのおかげだし、ここに来てくれる人がいるっていうことはどれだけ得難いことなのかを痛感したツアーだったと思います」と、実感を込めた感謝をファンへと伝えた。


ここまでの20曲を、圧倒的な歌唱力と豊かな感情表現で聴き手に届け続けてきた米津が最後に贈ったのは「M八七」。ベルトコンベアの上を滑り、縦型ビジョンの中に浮かぶきらめきを見つめながら歌う佇まいは気高く、彼の包容力を感じさせる歌唱にオーディエンスはじっと聴き入る。最後に浮かび上がった米津のシルエットの後ろには無数の星がきらめく宇宙空間が。曲を終えると彼はエレベーターに乗り込み、止まない拍手に送られながらステージを去る。下降してゆくエレベーターが再び地下駐車場にたどり着くと、NIGI chanは車に乗り込んで夜の街へと姿を消した。

写真◎太田好治/立脇卓/横山マサト/八尾武志

セットリスト<米津玄師2022 TOUR / 変身>

2022年10月27日 さいたまスーパーアリーナ公演
01. POP SONG
02. 感電
03. PLACEBO
04. 迷える羊
05. カナリヤ
06. Lemon
07. 海の幽霊
08. まちがいさがし
09. アイネクライネ
10. Pale Blue
11. パプリカ
12. ひまわり
13. アンビリーバーズ
14. ゴーゴー幽霊船
15. ピースサイン
16. 爱丽丝
17. KICK BACK
<アンコール>
18. 死神
19. ゆめうつつ
20. 馬と鹿
21. M八七

ニューシングル 「KICK BACK」 

2022年11月23日(水)発売
https://lnk.to/KICKBACK_CD

■商品形態
チェンソー盤(初回限定) CD+チェンソーネックレス
¥3,500(税込)/ SECL-2815~2816

映像盤(初回限定)CD+DVD
¥2,200(税込)/ SECL-2817~2818

通常盤(初回限定)CD
¥1,100(税込)/ SECL-2819

■収録楽曲
1. KICK BACK
2. 恥ずかしくってしょうがねえ
3. KICK BACK –ANIME edit

■DVD収録内容(映像盤のみ)
1.TVアニメ『チェンソーマン』ノンクレジットオープニングムービー
2.M八七 Music Video

■法人特典
KICK BACKステッカー
※特典は、各店舗共通で、先着となります。数に限りがありますので、お早めに予約をお願いいたします。ECの場合は、「特典あり」の商品を選択ください。

▲「KICK BACK」ジャケット

■「KICK BACK」先行配信
https://smej.lnk.to/KICKBACK

■<米津玄師 2023 TOUR / 空想>

*C D封入先行(抽選)
受付期間 2022/11/22(火) 10:00 〜 2022/11/27(日) 23:59
4/22(土)  開場15:30  開演17:00  兵庫   神戸ワールド記念ホール
4/23(日)  開場15:30  開演17:00  兵庫   神戸ワールド記念ホール
4/26(水)  開場16:30  開演18:00  大阪   大阪城ホール
4/27(木)  開場16:30  開演18:00  大阪   大阪城ホール
5/ 2(火)   開場16:30  開演18:00  熊本   グランメッセ熊本
5/ 3(水祝)  開場15:30  開演17:00  熊本   グランメッセ熊本
5/ 7(日)   開場15:30  開演17:00  愛知   日本ガイシホール
5/ 8(月)   開場16:30  開演18:00  愛知   日本ガイシホール
5/13(土)  開場15:30  開演17:00  宮城   宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
5/14(日)  開場15:30  開演17:00  宮城   宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
5/20(土)   開場15:30  開演17:00  北海道  北海きたえーる
5/21(日)   開場15:30  開演17:00  北海道  北海きたえーる
5/27(土)   開場15:30  開演17:00  福井   サンドーム福井
5/28(日)   開場15:30  開演17:00  福井   サンドーム福井
6/ 3(土)   開場15:30  開演17:00  徳島   アスティとくしま
6/ 4(日)   開場15:30  開演17:00  徳島   アスティとくしま
6/10(土)   開場15:30  開演17:00  広島   広島グリーンアリーナ
6/11(日)   開場15:30  開演17:00  広島   広島グリーンアリーナ
6/14(水)   開場16:30  開演18:00  埼玉   さいたまスーパーアリーナ
6/15(木)   開場16:30  開演18:00  埼玉   さいたまスーパーアリーナ
6/28(水)   開場16:30  開演18:00  神奈川  横浜アリーナ
6/29(木)   開場16:30  開演18:00  神奈川  横浜アリーナ
7/ 1(土)   開場15:30  開演17:00  神奈川  横浜アリーナ
7/ 2(日)   開場15:30  開演17:00  神奈川  横浜アリーナ

*チケット料金
指定席              ¥9,000 税込
ファミリー席 (大人)       ¥9,000 税込
ファミリー席 (お子様3歳〜15歳) ¥6,800 税込

この記事をツイート

この記事の関連情報