MATSURI、6th配信シングル「百鬼夜妖」のジャケットは浮世絵モチーフ

ツイート
no_ad_aritcle

MATSURIが本日10月28日、6thデジタルシングル「百鬼夜妖」を配信リリースした。

◆MATSURI 動画 / 画像

同新曲はさまざまな妖怪が列をなして徘徊する“百鬼夜行”を題材にしたもの。出会うとあの世へ連れて行かれるという百鬼夜行だが、見た目も性格も生死さえも気にせずに、今この瞬間を一緒に楽しみたいという想いが込められている。そのため惑わすという意味もある”妖”を使った「百鬼夜妖」というタイトルになっているとのことだ。

公開されたジャケット画像は浮世絵をモチーフにしたアートワーク。我々が普段過ごしている世界から少し離れた場所で、歌詞に登場するさまざまな動物や妖怪と音楽を楽しんでいるMATSURIの様子が描かれている。摩訶不思議な世界観がより色濃く感じられる仕上がりだ。浮世絵を題材にした理由についてMATSURIは以下のように話している。

「昔、人々は“この世はつらい、憂き世”と捉えて他人の力によって救われようと願っていたそうです。ただ、江戸時代に起きた江戸大火をきっかけに人々は復興の意識により活気が湧いていったそうで、”つらい世の中だからこそウキウキと浮かれて楽しむべき”という考えに変わっていったそうです。そこから浮き世の字が当てられるようになっていった…という話を知り、凄く素敵な考えだと思いました。この夜もこの命も終わりがあると分かっているからこそ、今この時間を一緒に楽しみたい。そんな想いを込めて、浮世絵で『百鬼夜妖』の世界を表現していただきました」──MATSURI

なお、「百鬼夜妖」のミュージックビデオも動物や妖怪たちも登場する浮世絵をモチーフとしたデザインだ。

MATSURIは12月18日、地元・沖縄の国際通りにあるライブハウスD-Set Caféにて約1年ぶりのワンマンライブを開催する。チケット受付は本日10月28日10:00よりスタートしている。



■6thデジタルシングル「百鬼夜妖」

2022年10月28日(金)配信リリース
作詞:Haruka Abe
作曲:Eiji Nakamura
編曲:Eiji Nakamura, Haruka Abe
ミックス / マスタリング:Ryoma Nakamura
https://beinggiza.com/subsclink/?no=HyakkiYako

▼「百鬼夜妖」ミュージックビデオ
https://youtu.be/wct8hMyndz4
Illustrator:nekoko
Diretion & CG, Edit: Kiyofumi Kuroda (WORLD FAMOUS)
Character Animation : Shoya Ota (WORLD FAMOUS)

■ワンマンライブ<MATSURI One-man live “おとなごっこ”>

2022年12月18日(日) 沖縄 D-Set Café
open18:00 / start18:30
▼チケット
3,000円(ドリンク代別途)
販売期間:10月28日(金)10:00〜12月15日(木)23:59
https://matsuri.beinggiza.com/schedule/20221028.html

この記事をツイート

この記事の関連情報