オーディオテクニカ、創業60周年記念モデルとして新たにワイヤレスヘッドホン、ターンテーブル、サウンドバーガー発表

ツイート

オーディオテクニカは、2022年9月28日(水)に情報を公開した創業60周年記念モデル、MCカートリッジ『AT-MC2022』、ヘッドホン『ATH-W2022』に加え、新たにワイヤレスヘッドホン『ATH-WB2022』、ベルトドライブターンテーブル『AT-LP2022』、そしてサウンドバーガー『AT-SB2022』をラインナップ。いずれも世界で限られた台数しか生産されないモデルとなる。

◆オーディオテクニカ創業60周年記念モデル 関連画像


『ATH-WB2022』は、木のヘッドホンで培った経験を活かした異なる木材による3層構造ハウジングと、世界初(ヘッドホンとして。2022年9月現在、オーディオテクニカ調べ)の完全バランス音声出力システムを採用したワイヤレスヘッドホン。独立したDACとオペアンプを搭載し、ワイヤレス/USBデジタル接続の両方で96kHz/24bitのハイレゾ音源にまで対応する。音の入り口から出口まで、すべてのプロセスをこだわり抜いた、ピュアオーディオに迫る唯一無二のサウンドを楽しめる。


『AT-LP2022』は、アナログ技術の粋を集めた、モダンインテリアにマッチするアクリル製のターンテーブル。設置した部屋に美しさを加える存在感で、目でも耳でも楽しめる。また音質の違いを体感できるようにカートリッジと交換針を付属するなど、充実したHiFi性能によりアナログレコードの音楽に没頭できる。


『AT-SB2022』は、40年の時を超え「サウンドバーガー(Sound Burger)」を復刻。レコードの楽しさとポータブルの利便性を追求したサウンドバーガーは、1980年代の美学をモチーフにした、赤くレトロなデザインが印象的だ。令和生まれの本製品は、BluetoothワイヤレステクノロジーやUSB充電といった現代にマッチする性能を備えている。


また60周年記念モデルは、日本の伝統技法である越前和紙を用いた特別なパッケージとなっているのも特徴。ヘリテージブルーと白のコントラストにより、歴史や伝統と共に発展していくオーディオテクニカの未来を表現している。

「音を通して心豊かな人生を」というビジョンを掲げ迎えたオーディオテクニカの60年。この節目に、さまざまな音のカテゴリーでそれぞれの想いをカタチにした。周年記念をお祝いする各モデルの佇まいは、目と耳で豊かな時間を楽しめる特別な存在感を放っている。手に入れた人だけが、より深い感動に包まれるモデルと言えよう。



オーディオテクニカ創業60周年記念モデル

【予約・発売日について】
サウンドバ-ガー『AT-SB2022』のみ11月7日(月)発売。その他のモデルはすべて、11月7日(月)に予約販売を開始いたします。発売日はモデルによって異なりますので、以下をご覧ください。

・MCカートリッジ『AT-MC2022』 :11月7日(月)10:00 予約販売開始 / 11月25日(金)発売
・ヘッドホン 『ATH-W2022』 :11月7日(月)10:00 予約販売開始 / 11月25日(金)発売
・ワイヤレスヘッドホン『ATH-WB2022』 :11月7日(月)10:00 予約販売開始/ 2023年1月20日(金)発売
・ベルトドライブターンテーブル『AT-LP2022』 :11月7日(月)10:00 予約販売開始 / 12月16日(金)発売
・サウンドバーガー『AT-SB2022』 :11月7日(月)10:00 発売

*『AT-MC2022』『ATH-W2022』『ATH-WB2022』『AT-LP2022』は、一部販売店および当社公式オンラインストアでの限定販売となります。
*『AT-SB2022』は、当社公式オンラインストア限定販売となります。
*MCカートリッジ『AT-MC2022』、もしくはヘッドホン『ATH-W2022』をご購入いただいたお客様を対象に、当社が協賛する12月22日(木)開催の東京フィルハーモニー交響楽団 ベートーヴェン『第九』特別演奏会のペアチケットをプレゼントいたします。

◆オーディオテクニカ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報