ジューダス・プリースト「ティム“リッパー”オーウェンズが殿堂入りしないのは残念」

ツイート
Photo by Justin Borucki

今年、ミュージカル・エクセレンス賞という形でようやくロックの殿堂入りするジューダス・プリーストは、主要メンバー全員が選ばれなかったことを残念に思っているそうだ。

◆ジューダス・プリースト動画、画像

ジューダス・プリーストは、現メンバーのロブ・ハルフォード(Vo)、イアン・ヒル(B)、グレン・ティプトン(G)、スコット・トラヴィス(Dr)に加え、元メンバーのK.K.ダウニング(G)、レス・ビンクス(Dr)、故デイヴ・ホーランド(Dr)の7人がミュージカル・エクセレンス・アワードの対象となっている。

イアン・ヒルは最近、米オクラホマのラジオ局Rock 100.5 The KATTのインタビューで、対象となるメンバーの選択に関わったのかと問われると、こう話した。「いや。全てRock & Roll Hall of Fameの人たちだ。彼らがその価値があると思うメンバーを殿堂入りさせるんだろ(笑)。他に適当な言葉が見つからない。だから、ケン(K.K.)がいる。彼は創設時から10年前に離れるまで、このバンドの大きな要因だった。それに、もちろんレス・ビンクスだ。デイヴ・ホーランドはその場にいられず、残念だ。彼は数年前に亡くなった。それは惜しまれるよ、本当に」

「彼らのパラメーターの一つが、そのバンドで25年以上プレイしたか、この25年間バンドに在籍していたかなんだと思う。それって俺らとは無関係だ。俺ら次第だったら、多分、(リッチー・フォークナーと)リッパーを殿堂入りさせる。でも、俺ら次第ではない。残念だ。でも、仕方ない」

現ギタリストのリッチー・フォークナーは殿堂入りしないが、式典でバンドと共にパフォーマンスするという。ビンクスは先日、ジューダス・プリーストはギタリスト3人、ドラマー2人の体制でプレイする計画だと明かしていた。

ロックの殿堂の式典は今週土曜日(11月5日)にロサンゼルスで開催される。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報