KISS、アンコール来日公演を前に『BURRN!』が独占会見に成功

ツイート
no_ad_aritcle

11月30日、東京ドームにて一夜限りの来日公演を行なうKISS。彼らが<END OF THE ROAD WORLD TOUR>というタイトルを掲げながらのファイナル・ツアーを2019年から実施していること、その一環としてのジャパン・ツアーが同年12月に行なわれていることは読者もすでにご存じのはずだ。しかし当初の計画からすればとうに終わっているはずだったこのワールド・ツアーにもパンデミックによる日程延期などがたびたび生じ、さらにはKISSがこれまでに訪れたことのない国や地域を含む世界各地から熱い要望の声が相次いだことから、現在はいわばその延長戦が展開されているような様相となっている。

◆KISS 画像

正真正銘の日本最終公演となる今回の東京ドーム公演も、そうした流れの中で実現に至るものだ。1977年の春に初めて日本上陸を果たしたKISSにとっての、45年に及ぶライヴ・イン・ジャパンの歴史にこれで終止符が打たれることになるわけである。この機会に長年のKISSファンはもちろんのこと、しばらく彼らから離れていた人たち、そして彼らの規格外のロックンロール・ショウを体験したことのない人たちにもぜひ会場に足を運んで欲しい。

そしてこの歴史的来日公演を控え、11月5日に発売される『BURRN!』誌12月号には、KISSの両巨頭というべきポール・スタンレーとジーン・シモンズの独占個別インタビューが掲載される。彼らが改めての日本上陸を決意した経緯などに加え、この11月18日に発売40周年記念盤が発売される『暗黒の神話 (CREATURES OF THE NIGHT)』に関する秘話なども語られており、同作について再検証する記事も併載されている。KISSの来日公演がこれで最後になるということは、日本の音楽誌が彼らの来日公演を前に特集記事を組むのもこれが最後ということになる。そこでポールとジーンが何を語っているのかに注目したいところだ。

また、同誌には他にもエアロスミス、モトリー・クルー、デフ・レパードからニッケルバック、アルター・ブリッジ、マネスキンに至るまでの豪華ラインナップが登場。11月11日にドキュメンタリー映画のロードショー公開が控えているランディ・ローズのポスター付きなのも見逃すわけにいかない。というわけで、11月5日はぜひ書店へ。

文◎増田勇一

■『BURRN! 2022年12月号』

2022年11月5日(土)発売
¥ 1,000 (本体 909+税)
サイズ:A4判
ページ数:144ページ
●巻頭大特集:KISS
 最後の来日直前、緊急独占取材!! ポール・スタンレーとジーン・シモンズが語る11月30日「大千秋楽」&発売40周年の“隠れた名盤”再検証
●海外ライヴ:AEROSMITH、マイケル・モンロー、IRON MAIDEN、MOTLEY CRUE、DEF LEPPARD
●独占会見:CANDLEMASS、NICKELBACK、AMON AMARTH、TALAS、ジョン・ノーラム、ALTER BRIDGE
●来日取材:MÅNESKIN、ECLIPSE
●ポスター:ランディ・ローズ
https://www.shinko-music.co.jp/item/pid2175012212/

■<END OF THE ROAD WORLD TOUR>

2022年11月30日(水) 東京ドーム
open17:30 / start19:00
▼チケット
・SS席:¥25,000 (座席指定/税込)
・SSバルコニー席:¥25,000 (座席指定/税込)※1ドリンク・軽食付き/専用トイレ/専用入場ゲート
・S席:¥20,000 (座席指定/税込)
・A席:¥15,000 (座席指定/税込)
(問)ウドー音楽事務所 03-3402-5999 https://udo.jp



この記事をツイート

この記事の関連情報