ミーゴスのテイクオフ、銃撃され死去

ツイート


アメリカのヒップホップ・グループ、ミーゴスのテイクオフが11月1日早朝、テキサス州ヒューストンにあるボーリング場で撃たれ、死亡した。28歳だった。

◆ミーゴス画像

テイクオフはバンド・メイトのクエイヴォと、ボーリング場のバルコニーでサイコロゲームをしていた際、何らかのトラブルが生じ、何者かに頭部を撃たれたと伝えられている。午前2時30分ごろ、警察に通報があり、テイクオフはその場で死亡が確認されたという。ほかに2人が銃撃され病院へ運ばれた。クエイヴォに怪我はなかったと報じられている。警察が捜査中で、ミーゴスの代理人は、間もなく声明を発表する予定だという。

テイクオフ(本名Kirshnik Khari Ball)は2008年に叔父のクエイヴォ、彼の従兄であるオフセットと共にPolo Clubを結成し、ミーゴスにグループ名を変更後、2011年にミックステープ『Juug Season』をリリース。2016年に「Bad and Boujee」が大ヒットし、セカンド・アルバム『Culture』(2017年)とサード『Culture II』(2018年)が全米1位を獲得した。これまでにグラミー賞に2度ノミネートされている。

テイクオフはミーゴスのスタジオ・アルバム4枚に加え、ソロ・アルバム『The Last Rocket』(2018年)を発表したほか、先月には、クエイヴォとのコラボレーション・アルバム『Only Built For Infinity Links』をリリースしたばかりだった。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報