テイクオフの訃報を受けQuality Controlが声明「無分別な暴力と流れ弾が命を奪った」

ツイート

ミーゴスのメンバー、テイクオフが11月1日に銃撃され亡くなったことを受け、所属していたレーベルQuality Control Musicが声明を発表した。

「私たちは失意と深い悲しみに打ちひしがれ、テイクオフとして知られていた私たちの愛するブラザー、Kirsnick Khari Ballの死を悼んでいます。無分別な暴力と流れ弾が、この世からまた一つの命を奪っていきました。私たちは打ちのめされています。この途方もない喪失に向き合う中、どうか、彼の家族と友人たちにご配慮ください。 Kirsnick Khari Ball 1994年6月18日―2022年11月1日」

この事件を捜査中のテキサス州ヒューストンの警察は、テイクオフが狙われたのか、巻き込まれたのかは、まだ判断しかねるとコメントしている。ただ、テイクオフはとても穏やかな人物だったとの評判で、彼が犯罪に関与していたと信じるに足る根拠は現時点、何もないといい、情報提供を呼び掛けている。

ミーゴスのメンバーから正式な声明はまだ出されていないが、スヌープ・ドッグ、ドレイク、グッチ・メイン、アウトキャスト、トラヴィス・スコット、21サヴェージ、フューチャー、Nas、ミーク・ミル、DJキャレド、チャンス・ザ・ラッパー、バスタ・ライムス、シーロー・グリーン、ファレル・ウィリアムス、シザら多くのアーティストから追悼の言葉があがっている。

Ako Suzuki













この記事をツイート

この記事の関連情報