グレープ、一日限りの復活コンサートで新作リリースを発表

ツイート

結成50周年を迎えたグレープが、<GRAPE 50年坂 一夜限りのグレープ復活コンサート>を11月3日に東京・神田共立講堂で開催した。そのオフィシャルレポートをお届けする。

◆グレープ画像

   ◆   ◆   ◆

10月25日にフォークデュオ“グレープ”としてシングル「雪の朝」(1973年10月25日発売)でレコードデビューしてから50年を迎えたさだまさしが、吉田政美とグレープを結成して満50年となる11月3日に、神田共立講堂にて<GRAPE 50年坂 一夜限りのグレープ復活コンサート>と題して単独コンサートを開催、そのステージ上で、なんと47年ぶり!となるグレープ名義のニューアルバムを2023年2月15日にリリースすることを発表した。

高校生の時に知り合った、さだと吉田のふたりが、のちに長崎で再会し、1972年のこの日にフォークデュオ“グレープ”を結成し、翌年1973年10月25日にメジャーデビュー。「精霊流し」をはじめとするヒット曲を世に多数放つも、1976年春、デュオを解散。その後ふたりは1991年に“レーズン”の名前で復活を遂げたほか、さだまさしソロコンサートのステージ上やイベントなど短尺でのグレープ復活はあったものの、今回のように“グレープ”名義で単独コンサートを開催したのは、実に約46年半ぶりとなった。さらに今回開催が発表された会場は、1976年3月26日に行われ、のちに伝説と呼ばれた<グレープ・ラストコンサート>の会場だった神田共立講堂。同会場は、かつて数々の人気フォークシンガーがコンサートを行い“フォークの聖地”と呼ばれた会場で、現在は学校関係者以外への貸出は原則一切行われていない中、今回特別な計らいをもって開催が決定、当日は学校施設ということもあって感染対策の関係上キャパの半分しか動員できないこともあり同ライブは同時生配信も行われた。

そんなステージは、全国からファンが集まることに鑑みて15時ちょうどに開演。代表曲「精霊流し」で登場したさだと吉田のふたりは、「こんにちは、グレープです!! グレープですって挨拶して、精霊流しをやっちゃったら、後はアンコールじゃないの?」とお道化つつ、さだが「46年ぶりの共立講堂、きれいになりましたね! 吉田は昔っから忘れっぽいから覚えてないと思うけど……」といじると、吉田が「半世紀も前のことよく覚えてるね!! おまえ(さだ)が男でよかったよ〜!」と返すなど、長い付き合いならではの息ピッタリトークで会場を沸かせた。「紫陽花の詩」、デビュー曲「雪の朝」と続けたあとは、バンドメンバーも参加して「殺風景」など4曲を披露。さだが「今回一夜限りのコンサートをやろう、ってなった時に吉田が“同窓会はつまらないから、新しいことをやろう。新曲やろう!”って言うから、EP?って聞いたらLP(アルバム)って! それでまだ数曲しかできてないけど今、アルバム作ってます。21歳の時に出したグレープの1stアルバムが『わすれもの』というタイトルだったから、今回は『ものわすれ』ってタイトル、閃いちゃったんだよね〜」と話すと場内は爆笑の渦に。そんな、まだ制作中の新曲2曲(「ゲシュタルト崩壊(仮タイトル)」「天人菊(仮タイトル)」を惜しげもなくサプライズ披露すると会場のファンは一斉にその歌声と歌詞に聴き入る場面も。



さらに、グレープ50周年を祝してグレープジュースで乾杯!の場面ではオーディエンスの盛大な拍手に包まれた。さだは「今日は北海道から九州まで、遠いところからありがとうございます。グレープを50年支えていただきありがとうございます。グレープとしてのアルバムもこれからちゃんと作ります! 早ければ2月に!47年ぶりの4枚目のオリジナル・アルバム! どうかお待ちください」とアナウンスして起こった拍手喝采を制して、「拍手は要らない、買ってください!」と、2月15日に発売が発表されたニューアルバムをアピールした。

コンサートは「縁切寺」「無縁坂」といった代表曲をもって本編を終了。アンコールはWアンコールまで続き、最後のMCでさだが「ギター弾きっぱなしで、吉田も自分も指がヘロヘロ、昨日から首も回らない。借金以来です」と笑いを誘いつつも「またアルバム完成記念とかって言って(コンサート)やるからさ!!」というと、吉田が「でも今日のコンサート、一夜限りって謳ってるじゃない!」っとすかさず指摘、対してさだは「今日のは夜じゃなくて白昼のコンサートだからさ!」とコメント。その後ラストソング「19才」をもって2時間半にわたったグレープ復活コンサートは幕を閉じた。

撮影◎田中聖太郎

   ◆   ◆   ◆

さだまさしの音楽活動50周年第一弾アイテムともなる新作は、新たに録音された「精霊流し」「縁切寺」「無縁坂」のセルフカバーバージョンも含むオリジナル・フルアルバムになるという。作品の詳細は後日発表される予定となっている。

ニューアルバム『タイトル未定』

2023年2月15日(水)発売
通常盤:VICL-65764 税抜¥3,500/税込¥3,850
代表曲「精霊流し」「縁切寺」「無縁坂」のセルフカバー新録音3曲を含むオリジナル・フルアルバム。
※収録曲目/曲数等の詳細は後日発表

この記事をツイート

この記事の関連情報