ブルース・スプリングスティーン、テイラー・スウィフトの才能と新作を称賛

ツイート

ブルース・スプリングスティーンは、テイラー・スウィフトの大ファンである娘と共にテイラーの新作『Midnights』を聴き、楽しいひと時を過ごしたそうだ。テイラーのことを「素晴らしいソングライター」と称えた。

◆ブルース・スプリングスティーン動画、画像

米SiriusXMの番組『The Howard Stern Show』にゲスト出演した彼は、こう話した。「僕の娘はテイラー・スウィフトのものすごい大ファンなんだ。この前、彼女を空港に迎えに行ったら、“パパ、テイラー・スウィフトがすごいニュー・アルバム出したのよ!”って言われて、“じゃあ、そのすごいニュー・アルバムを聴いてみるか”ってことになったんだ」

「娘は音量をいっぱいにしてそれをかけてくれたよ。それで彼女は、ニューアーク(空港)からコルツネックまでずっと、座りながら踊ってた。僕は、“そういうのが見たいんだよな”って言ってたんだ。いい気分だった」「いいアルバムだった。彼女はすごく才能がある。素晴らしいライターだ。プロデューサーのジャック・アントノフのことはよく知っている。彼らは素晴らしいアルバムを作ってる」

現在の音楽シーンを嘆くのではなく、「素晴らしいアルバムがたくさんある。人々はいまだ素晴らしいアルバムを作ってる。それらのアルバムに、人々はたくさんの喜びを見出している。それは続いていくのだろう」と話している。

スプリングスティーンはこの番組でアコースティック・パフォーマンスを披露し、名物DJのハワード・スターンを涙させた。40年以上この仕事をしているスターンが「放送中泣いたのは初めて」だったという。

スプリングスティーンは、今週土曜日(11月5日)に開催されるロックの殿堂の式典にゲスト出演するそうだ。主催者は最近、『Forbes』誌のインタビューで、彼がプレゼンターを務めることをほのめかした。誰の功績を称えるのかは「見てのお楽しみ」とのことだが、アーメット・アーティガン賞を受賞する弁護士のAllen Grubmanではないかと推測されている。

Ako Suzuki



この記事をツイート

この記事の関連情報