コルグ、ユニークなうねりを作り出す異次元のエフェクト・ペダル「HD-S」を発売

ツイート

コルグから、3種類の歪み回路を組み合わせることで、単なる「歪み」の概念を超えた倍音のうねりを作り出すエフェクター「KORG Nu:tekt HD-S」が発売される。Univibe をはじめ、数々の伝説的な名機を生み出した三枝文夫が新たに開発した本機は、通常の「Fuzz」でもなく「Distortion」ペダルでもない、新たなエフェクターと言えるかもしれない。


3つの歪み回路を自由に組み合わせることで、伝統的なファズ・ペダルから、クレイジーなサウンドなど、未知の領域まで幅広い音作りを楽しむことができる。ギターはもちろん、ベースやシンセサイザーにも使用可能。Nu:tektシリーズは、自分で組み立てることができるのも魅力のひとつだが、HD-Sのキットはハンダ付け不要、必要な工具もすべて付属。簡単に素早く組み立てることができ、自分だけのサウンドを創出する楽しさと満足感を味わうことができる。

■3つの歪み回路の組み合わせで「うねり」を創出
3つの歪み回路を組み合わせることで、アグレッシブな歪みだけでなくフィルターのような変化をコントロール。パネル上の4つのコントロール・ノブに加え、筐体天面のカヴァーの中に3つのトリマー・ツマミを搭載。このトリマー・ツマミを使って3つの歪み回路のバランスを調整することで、オーソドックスなファズ・サウンドから激しいサウンドまで、幅広く音作りが楽しめる。ギターやベース、シンセなどでも使用可能。



■プラモデル感覚で簡単に組み立て可能
自分で組み立てることで、簡単にDIYの楽しさも味わえるのもNu:tektシリーズの魅力。HD-Sはハンダ付け不要、工具もセットになっており、Nu:tektシリーズで最もスピーディで簡潔な組み立てキットになっている。三枝の似顔絵をモチーフにしたポートレート・ステッカーも付属。


製品仕様

●接続端子:INPUT 端子(モノラル・フォーン・ジャック)、OUTPUT 端子(モノラル・フォーン・ジャック)、DC 9V端子
●電源:9V 形アルカリ乾電池(6LF22/6LR61、別売)、またはDC 9V AC アダプター(別売)
●電池寿命:約10 時間(アルカリ乾電池使用時)
●消費電流:45mA
●外形寸法(幅×奥行×高さ):122×96×55mm
●質量:340g(電池含まず)
●付属品:取扱説明書、ステッカー、ツール&ピックセット
●オプション:コルグAC アダプター KA181 (DC 9V )

発売日、価格とも未定
この記事をツイート

この記事の関連情報