フェニックス、5年ぶりニューAL『Alpha Zulu』から注目の日本人若手クリエイターPennackyが監督した最新MV「After Midnight」解禁

ツイート

グラミー受賞、フランス生まれのインディー・ロックバンド、フェニックスが2017年作品『Ti Amo』以来となるニュー・アルバム『Alpha Zulu』をリリース、グループ自らがプロデュースを手掛け、ロックダウン中にルーヴル宮内のパリ装飾芸術美術館でレコーディングを行った。

◆フェニックス 関連動画&画像


『Alpha Zulu』のリリースに合わせて公開された収録曲「After Midnight」のミュージック・ビデオは東京で撮影され、いま注目の日本の若手クリエイターPennackyが監督を務めた。

■フェニックス コメント

「After Midnight」を書いたのは、パンデミックの真っ只中に、ルーヴル宮内のパリ装飾芸術美術館内にある我々のスタジオでした。美術館にいたのは私達だけ、友人達の集団が美術館を駆け抜け、お構いなしに過去の芸術史に残る宝物を散らかすのを見て、まるでゴダールの映画『はなればなれ』(Band Of Outsiders)のようだと思いました。「After Midnight」は、その時のフィーリングを奏でたサウンドトラックです。コード進行はバッハのコラールから拝借したもの。1977年に作られた巨大な日本製のシンセサイザーで演奏しています。


『Alpha Zulu』

2022年11月4日
配信リンク:https://wearephoenix.lnk.to/Alpha-Zulu

■収録曲:
1. Alpha Zulu
2. Tonight feat. Ezra Koenig
3. The Only One
4. After Midnight
5. Winter Solstice
6. Season 2
7. Artefact
8. All Eyes On Me
9. My Elixir
10. Identical

◆ フェニックス オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報