MAN WITH A MISSION、初の連作アルバムを引っ提げた東阪アリーナ公演完遂

ツイート

MAN WITH A MISSIONが、11月5日(土)と6日(日)に東京・有明アリーナで全国ツアー<MAN WITH A MISSION Presents Break and Cross the Walls Tour 2022>の最終公演を行った。そのオフィシャルレポートをお届けする。

◆MAN WITH A MISSION画像

   ◆   ◆   ◆

MAN WITH A MISSIONの全国ツアー<MAN WITH A MISSION Presents Break and Cross the Walls Tour 2022>が、11月5日(土)、6日(日)の2日間、東京・有明アリーナで最終日を迎えた。

本ツアーは6月16日(木)の広島・BLUE LIVE HIROSHIMAを皮切りに全国10か所20公演のライブハウス公演と追加アリーナ公演2か所4公演で実施された。バンドキャリア初となった2作の連続アルバム『Break and Cross the Walls I』(2021年11月リリース)と、『Break and Cross the Walls II』(2022年5月)を携え、各地での夏フェス・イベント出演なども挟みながら約5か月をかけ日本全国を駆け抜けた。

両日のチケットは即日完売。超満員の観客に埋められた有明アリーナの照明が落ちるとステージには巨大な“壁の扉”が出現。エンジン音とともにギターがかき鳴らされると巨大な狼の手が現れ、扉を打ち破ろうと大きな音を立ててノックし、こじ開けていく。インストゥルメンタル楽曲である「Between fiction and friction I」に合わせて演奏が始まるとゆっくりと扉は左右に開き、その向こうに5匹とサポートギタリストE.D.Vedderが姿を現した。一方、2日目は初日に披露された「Between fiction and friction I」にボーカルが加わり、アルバム2作の中で進化をした「Between fiction and friction II」の演奏と共に光を帯びた大きな扉が開いて行き、連作アルバムの変化を幕開けから体現したステージが始まった。

Jean-Ken Johnny(G,Vo,Raps)が「Lady and gentleman, boys and girls! and everybody in the whole wide world, We are MAN WITH A MISSION!」と力強く雄叫びを上げ、「クラクション・マーク」、「distance」と続く。2日目にはイントロと共に「カカッテコイヨ!」と客席に大きく放ち一気に会場を一体化させた「Dive」へと続いた。




MCでJean-Ken Johnnyは「ツアー集大成、一番最後ダゾ! 声ガ足リナイ」と、このツアー期間中に新型コロナの感染拡大状況の改善により、制限付きながら観客が声を出せるよう緩和が図られたことにも触れ、「遠慮ナク、ブチカマシテヤッテクダサイ! 最後マデソノ調子デ本日、目一杯楽シンデ行ッテクダサイ」と意気込んだ。

アリーナ公演ではバンドに加えて、6名のストリングス隊と鍵盤奏者が参加。また楽曲にあわせた映像演出も加わり、大迫力のスケールでアルバムの世界が目まぐるしく展開された。初日は序盤、ストリングス隊とともに「Merry-Go-Round」「2045」「INTO THE DEEP」を披露。2日目にはアルバム楽曲随一のバラード曲「Rain」をライブ初披露。タイトルコールで客席から歓声が漏れ、Tokyo TanakaとJean-Ken Johnnyのツインボーカルの美しいハーモニーの見せ場となった。「Emotions」では激しい火柱が立ち上り、場内の温度をさらに上昇させた。

各日アルバム『Break and Cross the Walls I&II』の収録曲を軸にしながらも、オオカミたちのライブ定番となっている「Get Off of My Way」、「Hey Now」、「Take What U Want」など新旧織り込まれた熱演にオーディエンスは終始大きく手拍子と体を揺らした。




2日目終盤にはJean-Ken Johnnyが場内の観客全員に手を挙げさせ、「手ヲギュット握ッテミテクダサイ」と観客たちすべてが掴んだ空気を“(コロナ禍の間)3年間闘って、抗って、守ってくれたライブの空気だ”と称え、ツアーは演者だけではなく観客も含めて成立している空間に改めて感謝を述べ最後に「More Than Words」を演奏。日毎に異なるセットリストで構成された2日間は、バンドの底力はもとより、ストリングスやピアノ、また楽曲にあわせた演出が加わることで2枚のアルバムの世界観を増幅させ、観る者すべてを惹き込んでいた。客席に放たれるTokyo Tanaka、Jean-Ken Johnnyの2匹が織りなす歌声とバンドの直情的な演奏が隅々まで轟く圧巻のパフォーマンスであった。

向かうところ敵なしのオオカミたち。アンコール前には来年日本をスタートに、約4年ぶりの北米・ヨーロッパ・アジアを含むワールドツアーの敢行も発表され場内は歓喜に包まれた。初日アンコールは「Telescope」、2日目は「Rock Kingdom」、そして両日を「FLY AGAIN -Hero’s Anthem-」で締めくくり、「必ズマタ会イマショウ」とライブ会場での再会を誓いツアーは大円団となった。

なお、<MAN WITH A MISSION Presents Break and Cross the Walls Tour 2022>は12月25日(日)と年明け1月8日(日)の2夜にわたりWOWOWにて放映されることも決定。いち早く、狼たちの歴史に残るツアーを目撃してほしい。



撮影◎酒井ダイスケ

   ◆   ◆   ◆

■<MAN WITH A MISSION Presents Break and Cross the Walls Tour 2022>2022年11月5日(土)、6日(日)@東京・有明アリーナ セットリスト
DAY-1
01. Between fiction and friction I
02. クラクション・マーク
03. distance
04. Merry-Go-Round
05. 2045
06. INTO THE DEEP
07. Break and Cross the Walls
08. database
09. yoake
10. evergreen
11. Emotions
12. Change the World
13. Remember Me
14. Hey Now
15. Thunderstruck
16. Anonymous

En1. Telescope
En2. FLY AGAIN -Hero's Anthem-

DAY-2
01. Between fiction and friction II
02. Dive
03. All You Need
04. Get Off of My Way
05. Blaze
06. Rain
07. Emotions
08. Dark Crow
09. blue soul
10. Tonight, Tonight
11. Take What U Want
12. The Soldiers From The Start
13. 小さきものたち
14. Take Me Under
15. Raise your flag
16. More Than Words

En1. Rock Kingdom
En2. FLY AGAIN -Hero's Anthem-

   ◆   ◆   ◆

WOWOW『3カ月連続!MAN WITH A MISSION ~Break and Cross the Walls~ WOWOW Special』

『MAN WITH A MISSION Presents Break and Cross the Walls Tour 2022』
DAY-1 2022年12月25日(日)22:00 [WOWOWライブ][WOWOWオンデマンド]
DAY-2 2023年1月8日(日)放送・配信
収録日:2022年11月5日、6日
収録会場:東京・有明アリーナ

『MAN WITH A MISSION インタビュー特番 ~Break and Cross the Walls~』
2023年2月放送・配信予定

※全番組、放送終了後~1週間アーカイブ配信あり

番組サイト:https://www.wowow.co.jp/music/mwam/

この記事をツイート

この記事の関連情報