デュラン・デュラン、ロックの殿堂入り式典でアンディ・テイラーの病を公表

ツイート

今年ロックの殿堂入りを果たしたデュラン・デュランが、土曜日(11月5日)に開かれた式典で、元メンバーのアンディ・テイラーからの手紙を読み上げ、彼がステージ4のがんを患っていることを明かした。

◆デュラン・デュラン画像

デュラン・デュランは、現メンバーのサイモン・ル・ボン、ニック・ローズ、ジョン・テイラー、ロジャー・テイラー、元メンバーのアンディ・テイラー、ウォーレン・ククルロが殿堂入りした。

サイモン・ル・ボンは受賞のスピーチで、式典に出席しなかったアンディからの手紙の一部を読み上げた。アンディはその中で、殿堂入りすることへの喜びや感謝の意を表した後、4年前にステージ4の転移性前立腺がんと診断されたと公表した。命を脅かす状態ではないが治療法はなく、「1週間ほど前に挫折を味わい、(医療)チームの並外れた努力にもかかわらず、正直なところ、肉体的にも精神的にも限界を超えている」と、欠席する理由を説明した。

手紙の全文はデュラン・デュランの公式サイトで公開されている。

デュラン・デュランの殿堂入りは、俳優のロバート・ダウニー・Jr.が司り、彼らは「Girls on Film」「Hungry Like The Wolf」「Ordinary World」をパフォーマンスした。





Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報