BAND-MAID、<Guns N' Roses JAPAN TOUR>サポートアクト大反響

ツイート

BAND-MAIDが、約3年ぶりに開催したアメリカでの単独ツアーを完走した。

◆ライブ写真

各地チケットソールドアウトの大盛況で帰国した直後 11月6日には、さいたまスーパーアリーナで開催された<Guns N' Roses JAPAN TOUR>のサポートアクトとして出演、“BAND-MAID”がTwitterトレンドワード入りをするなど、大きな反響を巻き起こした。

アメリカツアーでは全13公演を超満員のなか、各公演現地メディアからの取材が殺到するなど快進撃を続けたBAND-MAID。<Guns N' Roses JAPAN TOUR>でのサポートアクトが帰国後初のお給仕(ライブの呼称)ということもあり、この日の公演は国内外から注目を集めていた。


ステージに小鳩ミク(G,Vo)、KANAMI(G)、MISA(B)、AKANE(Dr)が颯爽と登場すると、インストゥルメンタル曲「from now on」を披露。メイド風の衣装に身を包んだ4人から奏でられるゴリゴリのロックサウンドを聴き、見た目と音とのギャップに驚く観客も。続く「DICE」でSAIKI(Vo)も登場し、激しいアンサンブルの上に力強い歌声を重ねていく。

音楽での“世界征服”を目標に掲げるBAND-MAIDの決意表明とも言える楽曲「DOMINATION」では、のびのびと演奏。ステージ横の大画面に映るメンバーの表情も明るく、笑顔でスティックを振り上げるAKANEをはじめ、メンバー全員がこのステージを全力で楽しんでいるのが伺える。


「Manners」ではMISAの大きくうねるベースを軸に、骨太なギターが絡んでいく。存在感のある小鳩ミクのコーラスも印象的だ。SAIKIのアカペラからはじまった「Daydreaming」では、伸びやかな歌声と重厚なバンドサウンドでしっとりと聴かせたかと思えば、のけぞりながらギターソロを弾くKANAMIの姿に目が釘付けになる。インスト曲からロックバラードまでバラエティに富んだ全7曲を怒涛の勢いで演奏し、拍手喝采の中、BAND-MAIDはステージを後にした。

なお、国内では12月18日に行われる<MERRY ROCK PARADE 2022>への出演のほか、2023年1月9日に、バンド史上最大規模となる東京ガーデンシアターでのお給仕(単独公演)も開催される。チケットは現在先行販売中だ。

<GUNS N' ROSES JAPAN TOUR 2022 >セットリスト

2022年11月6日(日)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
サポートアクト:GRANRODEO / BAND-MAID
https://gunsnrosesjapantour.com/

setlist
1. from now on
2. DICE
3. DOMINATION
4. Choose me
5. Manners
6. Daydreaming
7. REAL EXISTENSE

<BAND-MAID TOKYO GARDEN THEATER OKYUJI>

2023年1月9日(月祝)
イープラスプレオーダー先行受付中
受付期間:11月5日(土)12時00分~11月13日(日)23時59分
受付URL:https://eplus.jp/band-maid/

◆BAND-MAID オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報