ブルース・キューリック、兄ボブとの関係「あんなに急でなかったら、全て解決できたはず」

ツイート

ブルース・キューリックは、兄ボブが2020年5月に急逝する前に関係を改善することはできなかったが、ふたりの間に愛があったことはお互い承知していたと確信しているそうだ。別れがあれほど急でなかったら、問題は解決できていたはずだと考えているという。

◆ブルース・キューリック動画

『The SDR Show』のインタビューで、ボブが亡くなる前に和解する機会はあったかと問われたブルースはこう答えた。「彼は、俺が個人攻撃ととらえていないことはわかっていた。俺らの間に会話はなかったが、彼側の人たちから、彼は俺のことをすごく愛していると聞いていた。もし彼に何かあったら、俺が駆けつけてくれるのはわかってるって。パンデミック中のことだったから、そういう考えになってたのかもしれない」

「彼があんなに急に亡くなったのでなければ、俺らは多分、全てを解決できていただろう。だが悲しいことに、彼は突然、心臓発作に見舞われ、それまでだった。有難いことに、その数週間前、俺は彼と親しかった人たちからそんな話を聞いていた。そのおかげで、すごく気が楽になった。でも、俺が彼を愛していることは、彼はいつも承知していたと俺は思ってる。ただ、俺は彼と距離を置く必要があったんだ」

「音楽の世界では、そういう兄弟は多い。ああ、よくあることなんだ。よくわからないが、心理的なことなのかな」

ボブ・キューリックは2020年5月、心臓疾患により、自宅で息を引き取った。70歳だった。ブルースは兄の死因について公表したとき、「悲しいことに、僕は、兄が胸の痛みや動悸について医師に訴えていたのを知らなかった。最近、彼の診断書を見ていて気づいた。彼は治療を受けることになっていたんだと思う。しかし、このパンデミックがそれを妨げたようだ。僕にとって、あまりにも突然のことで衝撃だった」「もし君らの中に痛みや不快感を覚える人がいたら、どうか医師に診てもらってほしい」との声明を出していた。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報