シドのマオ、ライフスタイルウェアブランド“THREEL”をプロデュース

ツイート
no_ad_aritcle

シドのマオがプロデュースするライフスタイルウェアブランド“THREEL”が11月19日、オンラインショップ販売をスタートするほか、19日および20日には渋谷GALLERY roargunsで受注展示会&パネル展を開催することが発表となった。

◆THREEL (スリール) 画像

“THREEL”というブランド名は、“3つのL(エル)”をコンセプトにマオが名付けたもの。日々の何気ないシーンを上質に彩る“LUXE”。今を生きる力と世代や性別を超えて繋がれる喜びの“LIVE”。大切な人の暮らしに心地よく寄り添い包み込む“LIFE”を意味するとのことだ。

THREELのアイテムは、着用した時の質感や肌触りの気持ちよさ、動きやすさ、スタイルアップを彩るライフスタイルウェアだとのこと。そのプロダクトは、ゆったりとした作りと短丈でクリーンな印象のシルエットが特徴。組み合わせ次第でカジュアルにもドレッシーにも表現することが可能であり、性別にとらわれないシンプルでオーソドックスなラインナップが揃えられた。また、アウトドアやスポーツなどのウェアラブルなデザイン(機能性)や、伝統的で本物なトラディショナル(格式)を付帯することで、THREEL独自の世界観を演出しているという。さらには、サスティナブルな活動にも積極的に取り組んでおり、オーガニックコットンやリサイクルポリエステルと行った環境に優しい素材も使用している。

マオは全てのアイテムに対して細部にわたり監修しているとのこと。自身が実際に着用し、肌触りを確かめ、着丈やリブなどのミリ単位での調整や、紐やワッペンといった付属品にまでこだわり抜くなど、マオの想いが詰まっているという。

前述したように、THREEL第一弾となる“THREEL 1st COLLECTION”が11月19日、公式オンラインショップにて受注販売をスタートする。THREEL 1st COLLECTIONでは、全体を通してホワイト/ベージュ/ブラックカラーを基調に、シーズンカラーとなるターコイズブルーを差し色として何にでも合わせやすいカラーリングを採用したとのことだ。

THREELブランドデビューを記念して開催される“受注展示会&パネル展”では、マオこだわりの服を実際に目で見ることも試着も可能だ。パネル展ではシド オフィシャルカメラマン今元秀明の完全撮り下ろし写真による、いつもとは雰囲気の異なるマオのアート写真が展示される予定だ。


■<THREEL 1st COLLECTION>

受注期間:11月19日(土)12:00〜12月4日(日)23:59
https://www.threel-shop.com 


【THREEL 1st COLLECTION 受注展示会&パネル展】
開催期間:11月19日(土)~11月20日(日)
※営業時間 12:00〜19:00
※入場無料
会場:GALLERY roarguns
東京都渋谷区代官山町1-8 代官山太平洋ビル1F
※JR渋谷駅徒歩6分/東急東横線代官山駅徒歩9分
●来場者特典●
THREEL特製ロゴステッカー
※ステッカーは各日お一人様1枚となります。十分な数をご用意しておりますが、予定枚数に達し次第、配布終了となりますのであらかじめご了承ください。



この記事をツイート

この記事の関連情報

*

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス