ドレイクと21サヴェージ、新作プロモで『Vogue』の表紙を捏造し訴えられる

ツイート

ドレイクと21サヴェージが、彼らのニュー・アルバム『Her Loss』のプロモーション活動の一環で、『Vogue』誌の表紙そっくりの画像やポスターを作成し使用したとして、同誌の出版社コンデナストから訴えられた。

すでに削除されているが、ドレイクは先月終わり、彼ら2人がフィーチャーされた偽の『Vogue』誌の画像をインスタグラムに投稿し、「俺とブラザーが明日、ニューススタンドに!! @voguemagazineとアナ・ウィンター(アメリカ版の編集長)、この歴史的瞬間への愛と支援をありがとう。 Her Loss 11月4日」とのメッセージを付け、彼らを特集した『Vogue』のスペシャル・エディションが発売されるかのごとく装った。

『TMZ Hip Hop』によると、コンデナストは、『Vogue』とウィンター氏はいかなる形においても(『Her Loss』とは)関わっておらず、『Vogue』の名を削除するよう何度も要請したが、聞き入れてもらえなかったと主張しているという。

現時点、ドレイクと21サヴェージからコメントはなされていない。

彼らのコラボレーション・アルバム『Her Loss』は先週金曜日(11月4日)にリリースされた。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報