ホセ・ジェイムズ、新作はエリカ・バドゥへのトリビュート作

ツイート
(c)Janette Beckman
現代ジャズ・シーンをリードするヴォーカリスト、ホセ・ジェイムズのニュー・アルバム『オン&オン~トリビュート・トゥ・エリカ・バドゥ』が、2023年1月20日(金)に全世界同時リリースされる。

◆ホセ・ジェイムズ 関連画像

これまでにビリー・ホリデイやビル・ウィザースへのトリビュート作品を発表してきたホセだが、今回の新プロジェクトはネオ・ソウルの女王、エリカ・バドゥへのトリビュート。

1997年に『バドゥイズム』でデビュー以来、新世代R&Bのカリスマとして孤高の存在に君臨するエリカ・バドゥ。今回バドゥへのトリビュートに取り組むことにしたきっかけについてホセは、「シンプルなことだよ。ジャズ・シンガーは常にその時代の最高レベルのスタンダードを解釈してきた。そして僕らの世代にとって、エリカ・バドゥは最も革新的で鋭いソングライターの一人だ。彼女の作品は、社会的、音楽的、芸術的な意味で画期的であることが証明されている」とコメントしている。

ハービー・ハンコックのグラミー受賞作『リヴァー~ジョニ・ミッチェルへのオマージュ』(2007年)を範とし、バドゥの歴代の代表曲をホセ流の解釈でジャズ・カヴァー。BIGYUKI(key)~ベン・ウィリアムス(b)~ジャリス・ヨークリー(ds)で構成される鉄壁のリズム・セクションに加え、エバン・ドーシー(as)、ダイアナ・ジャバール(fl, as)というホセがフックアップする新進気鋭の女性サックス奏者2名をフィーチャリング。これに関しホセは次のようにコメントしている。「エリカ・バドゥはアーティストとして、またパフォーマーとして、ステージの内外で若いアーティストのために一貫して機会を作ってきた。だから、次世代のミュージシャンをフィーチャーすることは、とても意味のあることなんだ」。

日本では12月2日に「バッグ・レイディ」、そして12月16日に「ザ・ヒーラー」が、それぞれ先行配信される。ホセは既にこの新プロジェクトでのライヴ・ステージを海外で展開しており、日本での実現にも期待が高まる。


『オン&オン~トリビュート・トゥ・エリカ・バドゥ』

2023年1月20日(金)
SHM-CD:UCCU-1664 ¥2,860 (tax in)
RAINBOW BLONDE / ユニバーサル ミュージック
予約 https://store.universal-music.co.jp/product/uccu1664/

■収録曲
1.オン&オン
2.ディドゥン・チャ・ノウ
3.グリーン・アイズ
4.ザ・ヒーラー
5.ゴーン・ベイビー、ドント・ビー・ロング
6.アウト・マイ・マインド、ジャスト・イン・タイム
7.バッグ・レイディ

ホセ・ジェイムズ: vocals, bells, singing bowl
エバン・ドーシー: alto saxophone
ダイアナ・ジャバール: flute, alto saxophone
BIGYUKI: piano, Fender Rhodes, Wurlitzer, Hammond B-3, synthesizers
ベン・ウィリアムス: bass
ジャリス・ヨークリー: drums

◆ホセ・ジェイムズ 日本オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報