【俺の楽器・私の愛機】1131「修繕という選択肢 PRS編」

ツイート

【ポールリードスミス Custom24 10top】(タイ バンコク ももじ 54歳)


いつも、楽しく拝見しています。972での掲載ありがとうございました。今回は、ポールリードスミスのご紹介です。

非常に引き易く、音も太いので2008年から6年程、H/R楽曲メインで使っていました。残念ながら、ロータリ―タイプのピックアップの切り替えが難しく、バンド解散後、使用頻度が低下。最近は経年変化で塗装の白濁がひどく、傷も目立つということで、この度、バンコクでリフィニッシュを実施しました。

リフィニッシュはブラックチェリーを意識したラッカー塗装に変更。ヘッドは手書きシリアルの為、オリジナルのまま。バインディングはナチュラルにしてもらい、全体が引き締まりました。配線はピックアップはオリジナル、セレクターはSEと同じ配線でスイッチ、TONEでの切り替えにして、使いやすくなりました。

同じPRS所有者からは、10topなのに、しょぼいキルトと指摘されますが、見る角度で表情が変わり自身は気に入っているのでそれでよし。今までは、ギターの傷がキャリアの勲章と思っていましたが、修繕することで新たな愛着が湧く今日この頃です。

近い将来?息子に引き継がれますが、きれいであれば、大事に使ってくれることでしょう。


   ◆   ◆   ◆

リフィニッシュ、いいですね。下の写真がオリジナルのようですが、杢もくっきり、オリジナルよりも美しい。それにしてもPRSのロータリースイッチだけは謎ですよね。これが使いやすいというギタリスト、どれだけいるのかな…。なぜこれでいいと思ったか、PRS最大の不思議と思ってます。ということで、正当進化を遂げた10top、こんなギターを引き継がせてくれる父親だなんて、最高すぎる。(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

「楽器人の投稿がmusic UP'sに掲載されます」

全国約1,000カ所の音楽関連スポットで、毎月20日に配布中されるフリーマガジン「music UP's」にて、楽器人の特集を掲載、【俺の楽器・私の愛機】で紹介された投稿の中からあなたの愛機をご紹介させていただきます。

※毎月の掲載数は2~4件ほどの予定です。選出はBARKS編集部で行ないます。
※掲載の選出対象は【俺の楽器・私の愛機】コーナーにて2022年5月30日以降に掲載された投稿が対象となります。

引き続き【俺の楽器・私の愛機】をお楽しみください。今後ともBARKS楽器人をよろしくお願いいたします。

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報