パンテラの曲を練習中のザック・ワイルド、YouTubeから学ぶことも

ツイート

新ラインナップによるパンテラの活動再開が来月に迫り、ザック・ワイルドは彼らの曲を猛特訓中らしい。これまで馴染みのなかったワーミー・ペダルを手に入れ、弾き方がわからないところがあると、YouTubeでほかのギタリストの演奏を参考にするときもあるそうだ。

◆ザック・ワイルド動画

スウェーデン出身のギタリストで、ギター・ブランドSolar Guitarsのオーナーでもあるオーラ・イングランドのYouTubeチャンネルにゲスト出演したワイルドは、すでにパンテラの曲を学び始めているのかと問われると、こう答えた。「ああ、もちろん。ここしばらく取り掛かってる。ワーミー・ペダルを手に入れなきゃいけなかった。そういうもの、持ったことなかったんだ」「ああ、俺はいま、ワーミー・ペダルの誇りある所有者だ(笑)。それに、ダイム(バッグ・ダレル)のギターも数本ある。彼が俺にくれたものだ」

ライヴでプレイするにあたり、難しいと思う曲はあるかとの質問には、「俺にしたら、ランディ(・ローズ)の曲を学んでいるようなもので、楽しいよ」と話している。「でも“Goddamn Electric”のソロは別レベルだ……。全てのソロが激アツなんだけどさ。“Walk”とか“Cowboys From Hell”なんかはプレイしていて楽しい。“A New Level”はカッコいい。“Becoming”は、君がプレイするのを君のウェブサイトでチェックしたんじゃないかと思う。“これは何なんだ?”“どうプレイするんだ?”って思うと、ほかの素晴らしいギタリストの演奏を見るためにYouTubeをチェックしたりする。レコードとプレイするって手もあるが、それだとガイドライン付きだ。自分の行く道がわかってる。車からGPSを取り外さないとな。それ無しで、“どうやってハリウッドに戻るか覚えてるか?”ってことだよ」

パンテラは12月にメキシコと南米でパフォーマンス後、2023年夏にヨーロッパのフェスティバルに出演予定。すでに、ドイツの<Rock am Ring><Rock im Park>(6月2~4日)、スウェーデンの<Sweden Rock Festival>(同月10日)、ノルウェーの<Tons of Rock>(同月22~24日)でのパフォーマンスが告知されている。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報