西村麻聡が発起人を務め、音楽ライター今津甲が企画するトーク&ミュージックイベント<ベランダから地球へ>開催

ツイート

FENCE OF DEFENSEの西村麻聡が発起人を務め、オフィシャル・ライターとしてはSUGIZOを10年、 布袋寅泰を20年担当するベテラン音楽ライターの今津甲が企画したトーク&ミュージックイベント<ベランダから地球へ>が開催される。

◆<ベランダから地球へ> 関連画像

“地球”や“自然”という主語があまりに大きく想像しづらく、自分との関係が見えにくいのかもしれないテーマ「地球と自然を大切に」。今年に限っても兵庫の明石公園、明治神宮外苑、神奈川県瀬谷の桜並木と、大規模な樹木伐採問題が頻発している昨今悠長なことを言っていられないというのはご存知の通り。これまで同様経済を回すために、ある意味聖域だった部分にまで自然破壊が及ぼうとしている今、地球・自然と自分の関係構築が急務なのではないだろうか?

そこで本イベントでは、<ベランダから地球へ>と題し、同心円の中心に自分から地球に向かって、徐々に視点を広げていく。そんな内容のイベントだ。作曲家、ボーカリスト、ベーシ スト、プロデューサーとして活躍し、『ウミガメの約束』などの劇伴も手掛ける西村麻聡を発起人に、音楽ライターの今津がプロデュースを行う<ベランダから地球へ>。

スティング、山下洋輔、林英哲、観世英 夫、UA、吉井和也などオールジャンルで共演するパーカッショニストのクリストファー・ハーディ、箏奏者の金子展寛、奄美島唄のレジェンドである朝崎郁恵など、園芸家のポール・スミザーが語る植物との付き合い方を中心にさまざまなクロストーク&ミュージックが体験できる稀有な機会となりそうだ。


<ベランダから地球へ>

2022年11月27日(日)
14時半開場・15時開演
東京・Le CAVE STUDIO
(東京都渋谷区南平台町17-6 SVAXビルB1F)

■出演:
ポール・スミザー(園芸家)/柴田紗季(モデル)/クリストファー・ハーディ(パーカッショニスト)/金子展寛(箏奏者)/西村麻聡(作曲家、ボーカリスト、ベーシ スト、プロデューサー)/今津甲(インタビュア ー/ライター)/朝崎郁恵(唄者)

◆チケット(e+)
この記事をツイート

この記事の関連情報