米津玄師×PlayStation® CMが国際賞『Clio Entertainment』ゲーム部門最高賞など3部門受賞

ツイート

米津玄師が出演し、「POP SONG」が起用されたPlayStation®の『遊びのない世界なんて|Play Has No Limits』CMが、エンターテイメント業界におけるクリエイティビティを表彰する国際賞『Clio Entertainment』のゲーム部門(Games:Audio/Visual)において、最高賞となるGrandを受賞。また、最高賞の他にGold(Games:Audio/Visual Craft)とSilver(Games:Partnerships Branded Content Video)も受賞し、3部門での受賞となった。

『Clio Entertainment』は、『The One Show』『Cannes Lions』と並ぶ世界三大広告賞『Clio Awards』を母体とし、映画、テレビ、ライブ・エンターテインメント、ゲームなどのマーケティング・コミュニケーションにおける優れた作品を表彰するアワードとなっている。

なお、同キャンペーンは、世界で最も影響力を持ち、毎年30,000点を超えるエントリーが集う広告・コミュニケーションの国際賞『Cannes Lions 国際クリエイティビティ・フェスティバル2022』内のEntertainment for Music部門でもブロンズを今年6月に受賞。Entertainment for Music部門は、タイアップの取り組みからアーティストプロモーションまで、音楽やアーティストを主眼にしたコミュニケーションを評価している部門で、「POP SONG」起用のCMや楽曲/MVを中心とした一連のキャンペーンがアジア勢として部門唯一の受賞となった。





このキャンペーンでは、CM公開前日の1月22日(土)にPlayStation公式TwitterおよびREISSUE RECORDS公式Twitterから、米津玄師のPlayStationの新CM出演をアナウンスするティザー動画が投稿され、さらにPlayStationの合言葉「1・2・3」にちなみ、1月23日0時よりPlayStation®5とPlayStation®4を起動したユーザーに向けたCM1日先行視聴企画「123アーリーアクセス」を実施。この企画で新曲「POP SONG」の一部も初公開となり、アーティストの新曲がPlayStationを通じて解禁されるのは国内では史上初の試みとなった。 また、同日CMに登場する米津玄師のキャラクターがSHIBUYA109渋谷店の壁面広告にも登場しネットを中心に大きな話題となった。



なお、本CMは米津玄師が出演し、新曲「POP SONG」が起用。監督は児玉裕一が勤めた。米津玄師は楽曲制作だけでなく、変身というアイデアからキャラクターデザインまで、コンセプト企画にも参加。幼い頃からゲームを愛する米津玄師らしい遊びの世界を生み出している。


■米津玄師 「POP SONG」 Music Video
ミュージックビデオもCMと同じ映像で制作された。

この記事をツイート

この記事の関連情報