YOASOBI、直木賞作家コラボプロジェクト「はじめての」が朗読劇化

ツイート

YOASOBIと島本理生、辻村深月、宮部みゆき、森絵都ら4名の作家によるコラボレーションプロジェクト「はじめての」の朗読劇化が発表された。

「はじめての」プロジェクトでは、作家陣が“はじめて〇〇したときに読む物語”をテーマに小説を執筆し、YOASOBIがそれらをもとに楽曲を制作している。11月18日には辻村深月の小説「『ユーレイ』——はじめて家出したときに読む物語」が原作の「海のまにまに」がリリースされた。


朗読劇は前後編に分けて2023年に上演される予定となっている。出演者などの詳細は後日告知予定とのことだ。

「はじめての」朗読劇

前編 2023年1月上演
「『私だけの所有者』——はじめて人を好きになったときに読む物語」(島本理生)
「『ヒカリノタネ』——はじめて告白したときに読む物語」(森絵都)

後編 2023年夏頃上演予定
「『ユーレイ』——はじめて家出したときに読む物語」(辻村深月)
「『色違いのトランプ』——はじめて容疑者になったときに読む物語」(宮部みゆき)

「海のまにまに」

2022年11月18日(金)配信開始
https://orcd.co/yoasobi_uminomanimani

英語版第2弾EP『E-SIDE 2』

2022年11月18日(金)配信開始
https://orcd.co/yoasobi_e-side2
収録曲:
1. 「The Blessing」 (「祝福」英語Ver.)
2. 「If I Could Draw Life」 (「もしも命が描けたら」英語Ver.)
3. 「Romance」 (「大正浪漫」英語Ver.)
4. 「The Swallow」 YOASOBI with Midories (「ツバメ」英語Ver.)
5. 「Halzion」 (「ハルジオン」英語Ver.)
6. 「Just a Little Step」 (「もう少しだけ」英語Ver.)
7. 「Haruka」 (「ハルカ」英語Ver.)
8. 「Love Letter」 (「ラブレター」英語Ver.)

この記事をツイート

この記事の関連情報