坂本龍一、6年ぶりのオリジナルアルバム発売決定

ツイート

Photo by zakkubalan (c)2022 Kab Inc.

坂本龍一が2017年発売『async』以来となる、6年ぶりのオリジナルアルバムを発売することが決定した。

◆ティザー映像

これは、いまだ続く闘病生活の中、日記を書くように制作した音楽のスケッチの中から12曲を選び1枚のアルバムにまとめた作品集で、各曲のタイトルは曲を制作した日付となっている。アートワークは坂本と親交のある美術家・李禹煥氏が本作のためにドローイングを制作した。発売日は、坂本龍一の71歳の誕生日である2023年1月17日だ。

12月11日に配信されるピアノソロコンサート<Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 2022>の特典として、コンサート本編の後に本アルバムの先行全曲フル試聴が実施されることも決定した。



  ◆  ◆  ◆

2021年3月の大きな手術のあと、日記を書くようにスケッチを録音していった。
そこから気に入った12曲を選びアルバムとした。
何も施さず、あえて生のまま提示する僕のいまの音だ。

坂本龍一

『12』

発売日:2023年1月17日
予約:https://commmons.lnk.to/twelve
形態1:アナログ盤2枚組(自筆スケッチ/譜面 プリント*初回生産限定盤)/RZJM-77655~6/10,780円(税込)

形態2: CD /RZCM-77657/3,410円(税込)

収録曲:
01 20210310
02 20211130
03 20211201
04 20220123
05 20220202
06 20220207
07 20220214
08 20220302 - sarabande
09 20220302
10 20220307
11 20220404
12 20220304

◆アルバム特設サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報