YOSHIKI、誕生日にウクライナと周辺国の避難民支援のため1000万円を寄付

ツイート

YOSHIKIが誕生日である11月20日、ウクライナ及び周辺諸国で増加している避難民を支援するため、国際移住機関(IOM)に1000万円の寄付を行った。

国際移住機関は世界的な人の移動(移住)の問題を専門に扱う国連機関で、現在、ウクライナ及び周辺諸国で紛争の影響を受けた人々へ緊急支援を行っている。YOSHIKIは次のようにコメントしている。

   ◆   ◆   ◆

「誕生日に、たくさんのメッセージをいただいて本当に感謝しています。自分へのプレゼントはいらないので、少しでもそうした気持ちや想いをチャリティーに回していただければ嬉しいです」

「戦争が今も続いており、戦地ウクライナや、周辺諸国などから避難することを余儀なくされた人々、そして未だウクライナ国内で避難民となっている人々など、多くの人が当たり前の日常を送れずにいます。これはとても悲しいことで、同じ時代に生きる僕にとっても他人事ではありません。厳しい冬が近づく中、より多くの人々が安全な場所へ避難し、少しでも心安らぐ時間を過ごせるよう協力したいと思います」──YOSHIKI

   ◆   ◆   ◆

YOSHIKIは2月にもウクライナ人道危機緊急支援基金に1000万円を寄付。8月に出演した日本テレビ系『24時間テレビ』ではウクライナから日本に避難してきたバレエダンサー、ネリア・イワノワと自身の楽曲「Endless Rain」で共演し、同番組にも400万円の寄付を行った。

また、自身が運営する米国非営利公益法人501(c)(3)「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じ国内外で長期的な社会貢献活動を行ってきたことが評価され、『Forbes Asia』が選ぶ2019年の「最も優れた慈善家30人」に選出。2021年には国立国際医療研究センターに1000万円を寄付するなどの支援を行ったことから紺綬褒章を受章している。

◆国際移住機関(International Organization for Migration)支援受付ページ
◆YOSHIKI オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報