【俺の楽器・私の愛機】1141「EMMAに憧れて」

ツイート

【Gibson Les Paul classic 1995年製】(北海道旭川市 ちょーよー 35歳)


The Yellow Monkeyを知ったのは高校生の頃。すでに活動休止期間に入っていました。それから月日が流れ、社会人になってからまさかの再集結。札幌のツアーファイナルで生演奏を見たときは、深みを増した格好良さに衝撃を受けたものです。

こちらのギターは、ギタリストの菊池英昭(EMMA)さんが近年ライブで使用しているゴールドトップに黒のエスカッション、ピックガードを装着したレスポールを95年製のレスポールクラシックで再現したものです。

元々は8年ほど前に、配線が抜き取られたジャンク品をオークションで手に入れ、地元の工房で修理してもらい、外観等はオリジナルで使用していました。この頃からウェザーチェックはびっしりと入っており、味のあるボディでしたが、上記のギターを持ったEMMAさんのステージ写真に再び衝撃を受け、改造を決意。ハードな曲からメロウな曲まで幅広く対応できるよう、ピックアップを元の496r、500tから57classicに取り替え、エスカッション、ピックガードはレスポールカスタムの純正品を取り寄せて装着しました。

EMMAさんのオリジナルはピックアップカバーがついているのですが、ここだけは私のこだわりでオープンにしています。

Classicらしいずっしりとしたボディの重み、深みのあるクリーントーン。歪ませても負けない重厚感、まさにオールラウンダーな音になっております。ストラト、フライングVなど、他にも複数本所有していますが、ついつい一番に手が伸びてしまうのはこのレスポールです。あとは私に少しでもEMMAさんのような色気が備われば文句無しなのですが…。精進します(笑)



   ◆   ◆   ◆

レスポールのスタンダードって、プラをブラックパーツに変えるだけでガラッと印象が変わりますよね。それこそスタンダードとカスタムの中間というか、ハイブリッドな魅力を放ちます。あとは本人の色気とのことですけど、ここが一番の難関なのよね(笑)。お金じゃ買えないやつ。私も精進したいです。でもこのレスポールはウェザーチェック出まくりの色気◎。(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/KaYtg18TbwtqysmR7

「楽器人の投稿がmusic UP'sに掲載されます」

全国約1,000カ所の音楽関連スポットで、毎月20日に配布中されるフリーマガジン「music UP's」にて、楽器人の特集を掲載、【俺の楽器・私の愛機】で紹介された投稿の中からあなたの愛機をご紹介させていただきます。

※毎月の掲載数は2~4件ほどの予定です。選出はBARKS編集部で行ないます。
※掲載の選出対象は【俺の楽器・私の愛機】コーナーにて2022年5月30日以降に掲載された投稿が対象となります。

引き続き【俺の楽器・私の愛機】をお楽しみください。今後ともBARKS楽器人をよろしくお願いいたします。

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報