ザ・ワイナリー・ドッグス、約7年ぶりニュー・アルバムの詳細とツアー開催を告知

ツイート

MR.BIGのビリー・シーン(B)、元ドリーム・シアターのマイク・ポートノイ(Dr)、元ポイズン/MR. BIGのリッチー・コッツェン(G)から成るザ・ワイナリー・ドッグスが、昨年から制作していたニュー・アルバムを2023年2月にリリースし、2~4月に北米とブラジルでツアーを開催することを発表した。

◆ザ・ワイナリー・ドッグス画像

彼らのスタジオ・アルバムは『The Winery Dogs』(2013年)、『Hot Streak』(2015年)に続く3作目となり、新作は『III』と名づけられた。バンドは月曜日(11月22日)、「ザ・ワイナリー・ドッグスのニュー・アルバム“III”、202III年2月III日にリリース予定」と告知した。12月9日にファースト・シングル「Xanadu」がリリースされるという。

ファースト、セカンド同様、シーンとポートノイ、コッツェンがセルフ・プロデュースし、「Xanadu」「Mad World」「Breakthrough」「Rise」「Stars」「The Vengeance」「Pharaoh」「Gaslight」「Lorelei」「The Red Wine」の10曲が収録される。

彼らのニュー・アルバムは約7年ぶり、ツアーは2019年5月以来約4年ぶりとなる。ツアーは<202III 世界ツアー: 1st Paw(最初のひと足)>と告知されており、今後さらなる日程が発表されるものと考えられている。

シーンは2023年、MR. BIGの活動再開もあるのではと期待されている。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報