2CELLOS、最後の来日公演開催

ツイート

2CELLOSの最後の来日公演が11月21日に大阪・丸善インテックアリーナ大阪、22日に東京・日本武道館で開催された。そのオフィシャルレポートをお届けする。

◆2CELLOS画像

   ◆   ◆   ◆

クラシック界で将来を有望視されていた2CELLOSは2011年デビュー時「いつか世界中の大きなアリーナでチェロでロック・コンサートをやってみたい」と語っていた。その夢に向かって世界各地でライブを重ねながら着実に表現力を磨き、ジャンルレスにタイムレスな名曲を演奏する2CELLOSワールドを展開。幅広い年齢層のファンを魅了している。2021年9月には結成10周年記念アルバム『デディケイテッド』をリリースするも、2CELLOSとしての<ファイナル・ツアー>を行うことを発表した。

2022年3月26日から北米でスタートしたツアーはヨーロッパ~UK各地を経て6月にはウェンブリー・アリーナで2日間ソールドアウト公演を行っている。日本公演後はオーストラリア公演が予定されている。ツアーに向けてふたりは以下のようにコメントしていた。

「僕たち2CELLOSを聴いて、チェロという楽器がいかに万能で多様性に富んだ楽器で、ハード・ロックからソフト・バラードまで現代の音楽シーンの曲をほぼすべて演奏できるってことをわかってもらえたら本望だよ。心の奥深くに響くチェロは、感情のすべてのパレットを持っている。天にも昇るような最高の気分から落ち込んで沈んだ気持ちまですべてをね。他では味わえない、僕らのパフォーマンスで唯一の体験をしてもらえたら嬉しいです」



ライブはチェロの音色の豊かさと美しさを聴かせる冒頭から、おなじみ同郷ドラマーのドゥーシャン・クランツを迎えたロック・パートを経て美しいチェロ本来の音色を味うアンコール終盤まで間髪なし。ふたりの掛け合いはかつてなくスピード感に溢れエネルギッシュで、激しい超絶パフォーマンスで切れまくる弓の弦がスクリーンに映し出されていた。

2CELLOSには楽譜が存在しない。演奏曲のコードを書いたメモすらない。オリジナル曲を聴くだけで2本のチェロにより再構築していくルカとハウザーは “あ・うん”の呼吸でパートを弾き分けている。幼少の頃から鍛えあげた音楽的能力と高度なテクニックでふたりにしか創造しえない音宇宙=チェロヴァースを作り上げてきたのだ。自由な発想から生み出されたバッハやヴィヴァルディ、ベートーヴェン等とAC/DCやレッド・ツェッペリン等ロック名曲とのマッシュアップは2CELLOSの十八番となり、難曲「バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番プレリュード」+ガンズの「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」、ウィリアム・テル序曲からのアイアン・メイデンへの移行が楽しい「トゥルーパー」は遊び心満載だ。

コロナ禍で完成させた最新アルバム『デディケイテッド』収録曲のボン・ジョヴィ「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」のミュージック・ビデオ公開時(2021年4月)にふたりは「この曲のイントロはミステリアスな雰囲気があって、チェロで演奏するのにぴったりだと思うんだ。でも曲全体をカバーするのはチャレンジだったよ。いつの日か僕たちのライブでこの曲をプレイしたらきっと会場はすごく盛り上がるだろうね……きっとライブ後半に向かうところで演奏することになるかな。実際にみんながこの曲を一緒に歌っている姿が想像できるよ」とコメントしている。まさにこの言葉どおりライブ終盤で奏されるとイントロから盛り上がりは最高潮となり、会場全体がシングアロングするハイライトになっていた。




今回のファイナル・ツアーではオーディエンスと一緒に歌うシーンも多く、ライブの最後を締めくくるアンコール「ハレルヤ」では美しいハーモニーが武道館に満ち溢れた。「チェロは楽器の中で人間の声に近い音域を持っているんだよ」とチェロの魅力を常々インタビューで語っていたふたりが、ステージ上で楽しそうに聞き入っている姿はとても印象的だった。

年を重ねても変わらずチェロと共に楽しい毎日を送る2人のコミカルな演技満載のミュージック・ビデオとともに演奏された「ウェイク・ミー・アップ」に象徴されるように、“そこにチェロがある限り”これからもふたりは演奏を続けていくことを確信した一夜であり、1本の演奏映像が大きく人生を変えたルカとハウザーの新しい道にこれからも注目していきたいと思わせる公演だった。


撮影◎Yuki Kuroyanagi

   ◆   ◆   ◆

■<2CELLOS WORLD TOUR 2022>2022年11月22日(火)@東京・日本武道館 セットリスト
1. ベネディクトゥス(カール・ジェンキンス) *イントゥイション収録
2. ウェア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネーム(U2) *2CELLOS収録
3. キャッスル・オン・ザ・ヒル(エド・シーラン) *デディケイテッド収録
4. レジスタンス(ミューズ) *2CELLOS収録
5. ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー(U2) *2CELLOS収録
6. ヒューマン・ネイチャー(マイケル・ジャクソン) *2CELLOS収録
7. スムーズ・クリミンル(マイケル・ジャクソン) *2CELLOS収録
8. サンダーストラック(AC/DC) *チェロヴァース収録
9. セヴン・ネイション・アーミー(ホワイト・ストライプス) *レット・ゼア・ビー・チェロ収録
10. ヴ―ドゥー・ピープル(プロディジー) *イントゥイション収録
11. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット(ニルヴァーナ) *2CELLOS収録
12. バック・イン・ブラック(AC/DC) *デジタル配信中/スコア・ライヴ!DVD・BD収録
13. ユー・シュック・ミー・オール・ナイト・ロング(AC/DC) *デジタル配信中/スコア ライヴ!DVD・BD収録
14. ハイウェイ・トゥ・ヘル(AC/DC) *イントゥイション収録
15. サティスファクション(ザ・ローリング・ストーンズ) *チェロヴァース収録
16. リヴィン・オン・ア・プレイヤー(ボン・ジョヴィ) *デディケイテッド収録
17. スウィート・チャイルド・オブ・マイン(ガンズ・アンド・ローゼズ) *デディケイテッド収録
18. トゥルーパ―(アイアン・メイデン) *チェロヴァース収録
19. ウェイク・ミー・アップ(アヴィーチー) *チェロヴァース収録
20. フィールズ・オブ・ゴールド(スティング) *2CELLOS収録
21. ハレルヤ(レナード・コーエン) *レット・ゼア・ビー・チェロ収録
*()内はオリジナル曲演奏アーティスト名

   ◆   ◆   ◆

プレイリスト「2CELLOS|FINAL JAPAN TOUR SETLIST」

https://sonymusicjapan.lnk.to/FinalJPTour_Setlist
※期間限定公開

この記事をツイート

この記事の関連情報