ジミー・ペイジ、ウィルコ・ジョンソンを追悼

ツイート
(C)Lawrence Watson

英国人のギタリスト、ウィルコ・ジョンソンの訃報を受け、ジミー・ペイジが追悼の言葉を寄せた。

◆追悼メッセージ

「今日、ドクター・フィールグッドのギタリスト、シンガー/ソングライターのウィルコ・ジョンソンが亡くなったと知り、悲しい。僕は2013年5月にカムデンのKokoでウィルコがパフォーマンスするのを見た。電撃的な雰囲気だった。この公演は、彼のフェアウェル・ツアーと称されていたが、有難いことに、彼はその後もパフォーマンスを続け、最近までオーディエンスをワクワクさせていた。僕は本当に彼に敬服していた。この先、僕らみんな、彼を恋しく思うだろう。RIP ウィルコ」

ペイジは、ジョンソンの誕生日を祝うメッセージをSNSに投稿するなど、以前から彼に対し敬意を表していた。

ブラーのギタリスト、グレアム・コクソンは「ああ、僕の最高のテレ・ヒーローの一人…さようなら、ウィルコ」と、ザ・ストラングラーズはジョンソンと旧友でルームメイトだったというジャン=ジャック・バーネルの2ショットを投稿し「伝説のRnBギター・ヒーロー、ウィルコ・ジョンソンが亡くなったとの酷い知らせ」「真っすぐに飛べ、またな、ウィルコ RIP」と追悼している。

Ako Suzuki







この記事をツイート

この記事の関連情報