ジェニファー・ロペス、Instagramの投稿をすべて削除

ツイート

ジェニファー・ロペスが今週、Instagramのこれまでの投稿全てを消し、プロフィール画像を真っ黒にした。ジェニファーにとって最大のSNSプラットフォームであるInstagramは2億人以上がフォローしているが、何の説明もなく、過去の投稿が削除されたという。

Twitter、TikTokの投稿はそのまま閲覧できるが、プロフィール画像は同じく黒一色となり、Facebookは黒の背景にジェニファーのサインが入ったものに変更された。

大きな発表がある前にInstagramの投稿が一掃されることがあり、ジェニファーがニュー・アルバムのリリースを告知するのではと期待されている。スタジオ・アルバムであれば、2014年6月に発表した『A.K.A.』以来8年以上ぶり、通算9枚目となる。

ジェニファーは今年、2020年に開催されたスーパーボウル・ハーフタイムでのシャキーラとのパフォーマンスを取り上げたドキュメンタリー『Halftime』がNetflixから配信され、主演映画『マリー・ミー』が公開されたほか、ベン・アフレックとの結婚という人生のビッグ・イベントがあったが、ファンからは本業の活動再開が常に望まれてきた。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報