【速レポ】<SAI 2022>DAY1、MAN WITH A MISSION「全身全霊でライブを体中に浴びて、楽しんでください!」

ツイート
no_ad_aritcle

Jean-Ken Johnny(G, Vo)などメンバー達が重ねるシンガロングに手を振り始めた観客の反応が、演奏の音数が増えるにつれ、手拍子から振り上げた拳に変わっていった1曲目の「Emotions」。そこから「ソーイ!ソーイ!」とTokyo Tanaka(Vo)が声を上げながら繋げた、エモーショナルでアンセミックな「higher」。この時点でアリーナはもちろん、総立ちになったスタンドも含め、観客はすでに大歓迎モード。観客の多くがMAN WITH A MISSIONの登場を待ち焦がれていたことは一目瞭然だった。懸命に手を振りながらバンドの演奏に応える観客の姿に、メンバー達もそれを感じ取ったのだろう。バンドの総意を代表して、「最高だ!」とJean-Ken Johnnyが声を上げた。

◆MAN WITH A MISSION ライブ写真


「改めましてMAN WITH A MISSIONです。楽しんでますか⁉ 凄まじいメンツが繰り広げるこの2日間、思う存分楽しんでください!」そう語りかけたJean-Ken Johnnyが単音リフを奏でながら、バンドが披露したのはAC/DCの「Thunderstruck」のカバー。ラップに近いJean-Ken Johnnyの早口の歌にTokyo Tanakaが合の手を入れるように「Thunder!!」とシャウトを加え、Spear Rib(Dr)が支えるグルーヴとともに、じわじわとバンドの演奏が熱を帯び始める。AC/DCのシグネチャーとも言えるリフを執拗にたたみかける効果をダンス・グルーヴに変換した見事なアレンジにアリーナとスタンドが揺れる。

そんな観客をより一層踊らせたのが「FLY AGAIN -Hero’s Anthem-」だった。Tokyo Tanakaが「ソーイ!ソーイ!」と声を上げると、Kamikaze Boy(B, Cho)がステップを踏んで、ステージに動きを加える。サビのシンガロングに合わせ、観客全員が両手を左右に上げながら踊ると、DJ Santa Monica(Dj)もステージ前方で踊る。



そのDJ Santa Monicaがドラムパッドをパーカッションのように叩いた「INTO THE DEEP」は、勢いを若干抑えながらサイケデリックな音像の中でダンス・グルーヴを際立たせた演奏が印象的だった。

「数々の素晴らしいバンドがいる中で我々を選んでいただいて、本当にありがとうございます」とACIDMANに感謝の言葉を述べたJean-Ken Johnnyは、続けてACIDMANと観客を称え、ライブの素晴らしさを謳いあげる。

「みなさんもご存じのように(コロナ禍の)難しい状況の中で、このイベントを開催できたのはアーティストだけではなく、ここにお集まりになっているみなさんの力でもあります。みなさんが守り抜いて、勝ち獲ったライブです。満を持してACIDMANが2日間の素晴らしい催しを持ってきてくれておりますので、全身全霊でライブを体中に浴びて、楽しんでください!」

Jean-Ken Johnnyが鳴らしたクリーントーンのコードから、Jean-Ken JohnnyとTokyo Tanakaが声を重ね、演奏になだれこんだ「Remember Me」は、4つ打ちのキックも鳴るアンセミックなロック・バラード。荘厳なメンバー達のシンガロングと、そのシンガロングに観客全員がワイプで応えた光景は、まさに壮観の一言。Jean-Ken JohnnyとKamikaze Boyが重ねたハーモニーも聴きどころだったと思うが、その「Remember Me」以上に壮観という言葉がふさわしい盛り上がりを作ったのが、最後に演奏した「Get Off of My Way」だった。




Jean-Ken Johnnyがブルージーなリフを奏でるファンク・ロック・ナンバーは、Jean-Ken JohnnyのラップとTokyo Tanakaの伸びやかな歌声が見事に交錯。ステージの上手、そして下手ギリギリまで歩いていき、モンキーダンスの両手を、ガウガウと狼のように動かしたダンスを踊るTokyo Tanakaを真似て、アリーナからスタンドまで、観客全員がガウガウダンス(⁉)を踊る。DJ Santa Monicaが前に出てきて、観客を煽ると、観客のダンスがさらに激しくなった。その一体感をクライマックスと言わず、何をクライマックスと言おう。

ぐっと聴かせるエモーショナルな曲の数々とともにいつも以上に真摯な姿勢を印象づけながら、最後は思いっきり盛り上げ、マンウィズは後半戦の流れにさらに弾みをつけたのだった。そして、もちろんステージを降りる時は、お馴染みの「1、2、3、ガゥ!」で締めくくった。


取材・文◎山口智男
撮影◎山川哲矢/石井麻木

セットリスト

1. Emotions
2. higher
3. Thunderstruck
4. FLY AGAIN -Hero's Anthem-
5. INTO THE DEEP
6. Remember Me
7. Get Off of My Way

■<ACIDMAN presents「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI” 2022」>

2022年11月26日(土) さいたまスーパーアリーナ
2022年11月27日(日) さいたまスーパーアリーナ

この記事をツイート

この記事の関連情報