【速レポ】<SAI 2022>DAY2、10-FEET「自分のために頑張るのって難しい。今日はACIDMANのために頑張るで!」

ツイート
no_ad_aritcle

お馴染みのSE「そして伝説へ」と共にステージに現われたKOUICHI(Dr, Cho)とNAOKI(B, Vo)とTAKUMA(Vo, G)の3人は、まずコブシを合わせて気合いを入れた。

◆10-FEET ライブ写真

「おっしゃ、いこうか。なんでもそう、自分のために頑張るのって難しい。今日はACIDMANのために頑張るでー! オマエらも自分のために頑張るのが難しかったら、誰かのために頑張れ。いくぞ、アホウ!」──TAKUMA




10-FEETにとってオーディエンスは親愛なる仲間。だからアホウ呼ばわりすることも。で、アホウと呼ばれたオーディエンスは1曲目「ハローフィクサー」から10-FEETの心地いいメロディと音に全身を委ねていく。コーラス部分ではもちろん力強いコブシも上がる。のっけからいい雰囲気で始まったライブだったが、曲が終わってTAKUMAが言う。

「“SAI! SAI!”言うて(「ハローフィクサー」コーラス部分)。<SAI>のテーマソングに使ってもらおう」──TAKUMA

するとNAOKIやKOUICHIも「いい加減にしなSAI!」とか「今日は楽しみなSAI!」など笑いを重ねるあたり、3人とも抜群の呼吸だ。笑いの中でTAKUMAがギターフレーズを弾き始めると、今度は喜びの声で沸く。始まったのは「RIVER」だった。10-FEETの曲でありながら、観に来ている人それぞれの歌になっている、歴史を重ねた名曲だ。不織布マスクの着用を前提に、普段会話をする程度の声の大きさであれば声出し/歓声が可能というガイドラインに沿って行われている今回の<ACIDMAN presents SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI” 2022>。遠慮と心配りとマスクは必要だが、曲を口ずさんだりハンドクラップして曲とひとつになっている。そんな光景を見ながら演奏する3人も幸せそうだ。



「ありがとう。<SAI>へようこそ!」──TAKUMA

ACIDMANに代わって大歓迎の挨拶もしながら、「RIVER」がエンディングに向かう中、TAKUMAはオーディエンスのスマホを光らせて、その場に座らせた。であれば次は、タイミングよくカウントしてジャンプとか、光のウェーブをみんなで作って盛り上がるとか、普通はそんな楽しみ方をするだろう。ところがやっぱりヤツは違った。キング・オブ・アホウである。

「ええと…、5年前にも(<SAI>に)出させてもらって、この2回目にも出演させてもらって、すごい嬉しいなと思ってね。それで1回目のときにね…」と普通のトーンでエピソードを話し始めた。これにはNAOKIもKOUICHIもビックリ。スマホを光らせて座らせたオーディエンスを置いてけぼりだ。「ずっと、しゃべろうとしてるやん!」とNAOKIのツッコミ。気づいたTAKUMAは「じゃあ、一斉に飛ぼう。せーの、どーん」と言葉で合図する。「えーっ、無音で飛ぶ?」とKOUICHI。まだスマホを光らせているオーディエンスがいっぱいいることに対しては「目の前にはみんなの照明がある。ほら、「ある証明」(ACIDMAN)ってな」と笑いで決めるTAKUMAだった。




また、話が途中だった5年前の<SAI 2017>のことだが、ACIDMANのコスプレ姿でライブをして、そのままACIDMANのステージに飛び入りしようとしたら、警備員に止められたという。そんな裏話からつなげられた曲は「ストップ・ザ・警備員」だった。……TAKUMAがそう曲紹介したわけだが、実際に始まったのは「ライオン」。曲の後半では、ACIDMANの「赤橙」の歌詞をそのままサビにして歌い続けるマッシュアップ。オーディエンスばかりでなく、ステージ袖で観ていたACIDMANの大木伸夫も喜ばせる。喉の調子はいいと言えないTAKUMAだったが、ACIDMANのために、オーディエンスを喜ばせるため、声が枯れそうになっても強い気持ちで歌い続けた。さらに最新曲「第ゼロ感」も披露し、10-FEETファンを大喜びさせる3人だった。

「いつでも変われると思うんすよ。明日からいい人にでもなれると思うし、オリャーって気合い入れたら変われると思う。でも自分がいい人かどうかは、結局、人が決めることなんやろうなって。俺になんとかできる自信ないけど、俺がついてるから大丈夫やでって、惚れた人に言えなきゃあかんと思う。そのときが来たらバシッと決めてください。そういう人ばっかりをACIDMANは選んだと思うんです。今日こそACIDMANのライブ中に出たろと思ってたけど、コスプレ衣装を忘れました(笑)」──TAKUMA



バシッと決めるときが今日だっていうのに、肝心のコスプレを忘れて決められず、というオチもついたところで、最後に10-FEETが披露したのは「ヒトリセカイ」。歌いながらACIDMANへのお祝いや感謝も言葉にして、「大木、サトマ、一悟、好っきやでぇ〜!」と直球で愛情と友情を告白。最後にはバシッと決めたステージとなった。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎藤井 拓

セットリスト

1. ハローフィクサー
2. RIVER
3. ライオン
4. その向こうへ
5. 第ゼロ感
6. ヒトリセカイ

■<ACIDMAN presents「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI” 2022」>

2022年11月26日(土) さいたまスーパーアリーナ
2022年11月27日(日) さいたまスーパーアリーナ

この記事をツイート

この記事の関連情報