全米アルバム・チャート、テイラー・スウィフトの『Midnights』が4週目の1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、先週と変わらず、テイラー・スウィフトの最新作『Midnights』が首位に輝き、これで非連続4週目の1位となった。

◆テイラー・スウィフト画像

今週はトップ4まで動きがなく、ドレイクと21サヴェージのコラボレーション・アルバム『Her Loss』が2位、バッド・バニーの『Un Verano Sin Ti』が3位、リル・ベイビーの『It's Only Me』が4位をキープ。新たにトップ10入りした新作は1枚のみで、ラッパー/シンガー、Rod WaveのEP『Jupiter's Diary: 7 Day Theory』が9位にチャート・インした。彼にとって5作目の全米トップ10ヒットとなった。そのうち、サード・アルバム『SoulFly』(2021年)と4枚目『Beautiful Mind』(2022年)が1位を獲得している。

今週、新作のチャート・インは1作のみだったが、マイケル・ジャクソン最大のヒット・アルバム『Thriller』(1982年)が40周年記念盤のリリースに伴い先週の115位から7位に、この時期人気のマイケル・ブーブレのクリスマス・アルバム『Christmas』(2011年)が19位から10位に浮上し、トップ10圏内に再エントリーしている。

『Thriller』は1983~1984年に非連続37週間全米1位を獲得。映画『ウエスト・サイド物語』(1961年)のサウンドトラックの54週間には届かないものの、1アーティスト(バンドも含む)のアルバムとしては最長記録を樹立した。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報