アクセル・ローズ、公演でのドローン飛行に苦言

ツイート

ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが、最近、彼らの公演でドローンを飛ばす人たちが現れていることに苦言を呈した。

◆ガンズ・アンド・ローゼズ画像

彼は先週金曜日(11月25日)、「このツアーでドローン数台を目にした。昨晩(オーストラリアのゴールド・コースト)は恐らく最もやかましかった」と始まるメッセージをTwitterに投稿した。

「明らかに、やってもいいって考えてる連中がいたわけだが、ステージに接近したり、ステージの上まで来るんだから、ちょっと気が散った。警察によると、最近、とくにスポーツ・イベントでよくあることだという。俺らがみんな、慣れているわけじゃない。多くの衝動的な反応がみんなの頭をよぎったが、よく考えてみても(ライヴ中、そんなに冷静でいられるわけないが)、あまり意味をなさなかった」

「人々はムカついていた。誰かが勝手に楽しんでいようが、俺たちは自分らがやるべきことに集中し、ファンに最高のショウを届けるだけだ。とにかく……ドローンのブートレグ映像を手に入れるのは“楽しい”っていうのはわかるが、ドローン海賊を計画しているなら、ファンやバンドのことを考え、おもちゃで遊ぶのはどこか別の場所にしてもらえたら有難いね。先に礼を言っとくよ!」

これには多くの人たちから同意するとのコメントが寄せられている。

ガンズ・アンド・ローゼズは今年、南米、ヨーロッパ、アジアを周り、今月18日からオーストラリア/ニュージーランド・ツアーを開催中。年内は12月10日までライヴ活動を行う。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報