米国製ハンドワイアード・オール・チューブのギター・コンボ・アンプ3モデルが登場

ツイート

ブティック・ギター・アンプ・ブランドのモーガン・アンプリフィケーションから、米国製ハンドワイアードのオール・チューブ・コンボアンプ3モデルが登場した。

●AC20 Combo


AC20 Comboは、1960年代初期のブリティッシュ・ギター・コンボ・アンプのトーンを無数に生み出すことができる米国製ハンドワイアードのオール・チューブ・コンボアンプ。

プリ真空管には12AX7を2本、パワー真空管にはEL84を2本搭載したオール・チューブ・アンプで、パワー・レベル・コントロールによる可変式出力となっており、0.25~20Wの出力を備える。オープン・バックの構造で、セレッションの12インチ・スピーカーG12H-75 Creamback(16Ω)を1基搭載。密度の高いバルチック・バーチ・プライウッドのバッフル板に固定することで、エネルギー・ロスを最小限に抑え、低音域の再生にも優れている。オープン・バックの構造と組み合わせることで芯がありながら、広がりのあるパワフルなサウンドだ。


コントロールによるトーンのヴァリエーションは幅広くシンプルで使いやすいデザイン。マスター・ヴォリュームにありがちな音色の変化をさせずに出力値を0.25~20W相当に可変できるPOWERコントロール、高音域をカットするCUTコントロール、ドライヴ・レベルを調整するVOLコントロールの3つのコントロールが基本。トーンを補正する2つのスイッチはブライト・スイッチ(太陽と月)は高周波帯域を増加させることができ、ベース&トレブル・スイッチ(ト音記号/ヘ音記号)はト音記号側に入れることで低音域をカット。また、AC20Comboはペダル・プラットフォームとなるアンプで、アンプの入力前にリヴァーブ、ディレイ、モジュレーション系ペダルなどを接続しても最高のサウンドになるように設計。さらにAC20Comboは非常にタッチ・センシティヴなため、ピッキングの強弱で様々な表現を可能にし、ドライヴ・レヴェルを上げてもクリーンなトーンが得られる。傷の付きにくい丈夫なバリスティック・ビニール・レザーを外装にまとい、トワイライトとドリフトウッドという名称の高級感あふれる2カラーのラインナップ。

●MVP23 Combo


MVP23 Comboは、1960年代クラシック・アメリカン・アンプであるブラックフェイス系のトーンに1960年代後半のブリティッシュ・アンプであるプレキシ系のオーバードライヴ・サウンドを融合したオール・チューブ・コンボアンプ。

プリ真空管には12AX7を2本、パワー真空管にはEL84を2本搭載したオール・チューブ・アンプで、パワー・レベル・コントロールによる可変式出力となっており、0.25~23Wの出力を備える。オープン・バックの構造で、セレッションの12インチ・スピーカーG12H-75 Creamback(16Ω)を1基搭載。密度の高いバルチック・バーチ・プライウッドのバッフル板に固定することで、エネルギー・ロスを最小限に抑え、低音域の再生にも優れている。オープン・バックの構造と組み合わせることで芯がありながら、広がりのあるパワフルなサウンドを備える。


GAINコントロールだけで歪み量を調節するのではなく、VOLUMEコントロールに加え、MIDコントロールもドライヴ・サウンドに影響を与える。このため、GAINコントロールだけでは実現しなかったクリーンからドライヴ・サウンドまで多岐にわたるサウンドを生み出す。POWERコントロールは、マスター・ヴォリュームにありがちな音色の変化をさせずに出力値を0.25~23W相当に可変可能。また、MVP23 Comboはペダルとの相性が非常に良いアンプで、アンプの入力前にリヴァーブ、ディレイ、モジュレーション系ペダルなどを接続しても適切なサウンドになるように設計。さらにタッチ・センシティヴなため、ピッキングの強弱で様々な表現を可能にし、ドライヴ・レヴェルを上げてもクリーンなトーンが得られる。傷の付きにくい丈夫なバリスティック・ビニール・レザーを外装にまとい、トワイライトとドリフトウッドという名称の高級感あふれる2カラーのラインナップ。

●Tweed20 Combo


Tweed20 Comboは、1950年代クラシック・アメリカン・アンプである5E3スタイルのトーンを基本に、現代にマッチした音質、音量、音圧を持たせるカスタマイズを加えたオール・チューブ・コンボアンプ。

プリ真空管に12AX7を2本、パワー真空管に6V6を2本、整流管には5AR4を搭載したオール・チューブ・アンプで、12Wの出力を備える。オープン・バックの構造で、セレッションの12インチ・スピーカーG12M-25 Greenback(16Ω)を1基搭載しています。密度の高いバルチック・バーチ・プライウッドのバッフル板に固定することで、エネルギー・ロスを最小限に抑え、低音域の再生にも優れる。オープン・バックの構造と組み合わせることで芯がありながら、広がりのあるパワフルなサウンドを備えている。


コントロールは、トーンとヴォリュームに加え、ブライト・スイッチだけのシンプルなデザイン。トーンのレンジは非常に幅広いうえ、使いやすいデザイン。また、Tweed20 Comboはペダルとも良くマッチし、ファズ、ブースト、オーバードライヴ、フェイザー、フランジャー、トレモロ、ワウや様々なディレイとも相性が良い。このアンプは、モダン、ヴィンテージといったタイプに関係なく、多様なペダルとマッチするように設計。パワー・スイッチをオンにすると前面の左上にあるモーガン・ロゴのバックライトがほんのりと灯る。傷の付きにくい丈夫なバリスティック・ビニール・レザーを外装に、高級感あふれるトワイライト・カラー。

この記事をツイート

この記事の関連情報