熊木杏里、デビュー20周年を締めくくるコンサート開催決定

ツイート

熊木杏里が、デビュー20周年を締めくくるコンサート<ひとつだけの風色のしおり>を2023年2月18日に東京・日本橋三井ホールで開催すると発表した。

2022年2月21日にデビュー20周年を迎えた熊木杏里は、11月に13枚目のオリジナルアルバム『風色のしおり』をリリースした。<ひとつだけの風色のしおり>では、同作のサウンドプロデュースも手がけた鶴谷崇がバンドマスターを務めるそうだ。

12月4日より順次、チケットの先行受付が実施される予定となっている。最新情報はオフィシャルサイトにて。

<熊木杏里LIVE<ひとつだけの風色のしおり>>

2023年2月18日(土)東京・日本橋三井ホール
開場 17:00 / 開演 18:00
料金:全席指定 ¥7,700(税込)※別途ドリンク代
モバイル会員先行受付:2022年12月4日(日)12:00〜12月12日(月)23:59
詳細はオフィシャルサイトでご確認ください。

『風色のしおり』

2022年11月23日(水)発売
【初回限定盤】
YCCW-10407~8/B ¥10,000(税抜価格¥9,091)
※2CD+Blu-ray
収録内容
Disc1:「いのち輝く」「もうすぐ春なのに」含む、全10曲
Disc2:セルフカバー弾き語り曲集、全5曲
Blu-ray:『熊木杏里20th Anniversary Live “今日からの歌”』

【通常盤】
YCCW-10409 ¥3,000(税抜価格¥2,727)
※CD
収録内容
「いのち輝く」「もうすぐ春なのに」含む、全10曲

この記事をツイート

この記事の関連情報