キッスのポール・スタンレー、パンテラのパフォーマンス「ダイムとヴィニーは誇らしいだろう」

ツイート

キッスのポール・スタンレーが、先週金曜日(12月2日)にメキシコのフェスティバル<Hell and Heaven Open Air>で行われたパンテラのパフォーマンスに賛辞を贈った。

◆関連画像

スタンレーは日曜日(4日)、「フィル、レックスとパンテラが復帰し、見事にキメたのを見て、ワクワクした! ザックとチャーリーは明らかに、愛と忠誠のもと自分らの宿題をやってのけた。パンテラは何年も前、俺らと一緒に数公演やってる。凄まじく熾烈だった。トライした連中もいたが、誰も彼らにはなれなかった。ダイムとヴィニーは誇らしく思っていることだろう」と、つぶやいた。

フィル・アンセルモ(Vo)、レックス・ブラウン(B)にザック・ワイルド(G)、チャーリー・ベナンテ(Dr)が加わったパンテラは、金曜日、21年ぶりにライヴ・パフォーマンスを行い、2作の代表アルバム『Vulgar Display of Power(邦題:俗悪)』と『Far Beyond Driven(邦題:脳殺)』の収録曲を中心に15曲をプレイした。

キッスはその2日後(12月4日)、<Hell and Heaven Open Air>フェスティバルでパフォーマンスした。今年の同フェスティバルでは、ヘル・ステージのヘッドライナーがスコーピオンズ(1日目)、スリップノット(2日目)、キッス(3日目)で、ヘヴン・ステージがパンテラ(1日目)、ジューダス・プリースト(2日目)、メガデス(3日目)だった。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報