【連載】第53回 ホタバンのファミリアルミルキーウェイ ~ホタルライトヒルズバンド藤田リュウジの連載コラム~

ツイート

BARKSをご覧の皆さま、ホタルライトヒルズバンド・ボーカルの藤田リュウジです。第53回目の連載です。今月もよろしくお願い致します。



遅ればせながら11月3日、ホタルライトヒルズバンドとHAND DRIPのツーマンコンサート、『ホタドリ!』大盛況で第一回の幕を閉じました。ご来場いただいた皆様、配信をご覧いただいた皆様、ありがとうございました。この2組はご存知、ARIGATO MUSICのレーベルメイトとして出逢いました。2020年3月、本来開催するはずであった『ARIGATO MUSIC fes.2020』ではじめてのコラボ企画が立ち上がります。"せっかくやるならガッツリコラボしましょう!"彼らのバンドを求めるpureでアツい気持ちのお陰で、素晴らしいリハーサルを終えることが出来た。これはお客様の前で披露するのが本当に楽しみだと思っていた矢先の新型コロナ影響による延期、そして開催中止。一度白紙に戻ってしまった企画でしたが、まだまだあの感覚が忘れること無く音楽体に残っていて。いよいよ2022年3月、リベンジ渋谷クアトロ公演となったわけです。



わずか2年の間だったけど、ハンドリの4人のステージアップを個人的に強く感じた。何でも出来ちゃう器用な4人組っていうイメージだった彼らは、『これぞハンドリ!』っていうポイントを幾つも兼ね備えて堂々たる佇まいで渦をつくっていた。何よりその変化を感じるのは"背中"なんだよね。語らずとも伝わる物語があるってことかな。

一気に解き放たれたホタドリ8名、間髪入れず挑んだ夏の大阪城野音。

この日のハイライトは間違いなく【Freedom】だったと思う。

ハンドリの楽曲の中でもとびきりキャッチーで疾走感のあるナンバーだけど、野外で、しかもバンドアレンジで、AMFESで、すべての条件が揃った時に生まれる不思議な上昇気流がハンパじゃない持ち上げ方をしてくれた。どこまでも飛んでいけそうなマジックがあったなぁ、この日のFreedomには。



ホタドリをやる時に一番嬉しいのは、何よりHAND DRIPの4人全員が心から『バンド』であるということを喜びに感じてくれること。彼らは本当に素直な子たちだから全てを声に出して、アクションに出して、表情に出して僕たちに伝えてくれる。

「エグい!」「ヤバー!」「さいっこう!!」リハーサルの録音を聴くとたっくさんこういう声が入ってる笑いや、もうこれが何よりのご褒美です。バンドやってて良かったなって思う瞬間の一つであるから。

夏の大阪城を経て、遂に実現したツーマン。ホタバンの地元柏に、ハンドリを迎えて。

こんな機会滅多に無いからと、メンバーたちで話し合ってオリジナル曲をつくることにしたんです。菅ちゃん曰く、「ここからが始まりだから」と、第二回・三回に向けた布石の意味も込めて。タイトルは【Light up coffee】

この2組のコラボじゃなければ生まれなかった曲のタイトル、そしてメロディ。



日々巡り巡る人の縁や出会い別れの繰り返しの中で、こうやって音楽を通してその偶然的な縁を育みながら、新しい価値を 輝きを つくり出して行けることに感動を覚えます。

約2時間15分の音楽絵巻、いかがでしたか?楽しんでいただけましたか?ステージから見たお客さん皆さんのマスク越し、とびきりな笑顔が忘れられないなぁ。ここからまた繋がっていく「ホタドリ」の物語の続きを心待ちにして。


いつも通りの公園通り でも今日は一味違って見えた
青い空も鳥の声も 柔らかく感じて
ひとりぼっち抱え込んだ 今週のあがらない僕にbyebye
やっぱ持つべきものは心許せる友

Light up coffee 光を探しに行こう
Light up coffee 今日という日にshine on me
Light up coffee 君の心に注ぐドリップ
Light up coffee このまま歩いて行こう




『今月のフェイバリッドソング』
island echo「1st echo(Re:session)」


私・藤田リュウジのソロプロジェクトisland echoが新譜を出しましたのでご紹介!一度HOME DEMOとして会場限定販売を行った作品に、3年の時を経て新たなミュージックエキスを注ぎ込みました。素敵な仲間たちのチカラを借りて…!1曲目「贈る歌」にはfrom ITAZURA STORE恵土友梨ちゃんのハートフルなピアノプレイ。2曲目「Lullaby Villa」は10年来の付き合いであるギタリスト柴山陽平の素晴らしいアコギプレイ。3曲目「ブルースミー」は個人的にファンな若きブルースマン篠木拓哉君の火の玉ギター。4曲目「island echo」は藤田自身で改めて落とし込むピアノ。当時ちょうどタイ旅行から帰ってきて、水を得た魚のように書き下ろした匂いのある楽曲たち。今こんな世の中になって一段と”旅”への憧れが増していく中で、トラベリングインマイハートってやつをお届けしたいと思います。想い出から未来までechoするメロディは、時を超えて繋がる物語!一緒にてくてく歩きましょう。そしてそして、island echoは年内もうひとアクションありますんで、そちらもよろしくどうぞ!

《ホタバンインフォメーション》
●ライブ情報
12月5日(月)柏DOMe
GOOD BYE APRILとの年の瀬ツーマン!
12月20日(火)表参道shake and chips
ホタバン2022年の締めくくりとなるクリスマスパーティー!

●ホタバンオフィシャルYoutubeアカウント
毎月一度生配信トーク&ライブプログラム「ホタルナイトストリーミング」配信中!
https://www.youtube.com/user/hotallighthillsband
(チャンネル登録よろしくお願いします!)

●オフィシャルWEBサイト
https://hotaban.com

《藤田リュウジプロフィール》


1985年大阪生まれ柏育ち。
少年時代はサッカーに明け暮れ、横浜フリューゲルスのファンだったが、中学時代ゆずの「ゆず一家」というアルバムに出会い衝撃を受け以後ミュージシャンを志す。
人生はじめてのライブは中学三年の時多目的室前の廊下で行った路上ならぬ廊下ライブ。
同級生3人で結成したゆずのコピートリオ「連歌(れんが)」
音楽の吉田先生がカセットレコーダーを貸してくれて録音したものの、そのカセットは行方不明である。

◆【連載】ホタバンのファミリアルミルキーウェイ ~ホタルライトヒルズバンド藤田リュウジの連載コラム~ まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報