【インタビュー】高瀬統也の“オハコうた”は?

ツイート

歌とトークでアーティストの素顔と魅力に迫るTOKYO MXの音楽番組『Artist#18File』。1月は香港を中心とするアジア圏のみならず、ヨーロッパ圏でも注目を集めているシンガーソングライター高瀬統也が登場し、人気曲「どうしてfeat.野田愛実」と「13月1日」を披露。貴重な"オハコうた"の歌唱にも注目だ。

──高瀬統也さんのオハコうたは、清水翔太feat.仲宗根泉(HY)の「366日」。この曲を選んだきっかけを教えてください。

高瀬統也:もう歌い始めて何年になるんだろうっていうくらいカラオケで必ず歌っている、僕の“ザ・オハコうた”なんです。HYさんのバージョンも聴いていましたが、清水翔太さんのバージョンを聴いて、改めてなんて良い曲なんだと。キーや、自分の声質にも合っているなと思って歌い始めたのがきっかけでした。

──ソングライターとして感じる、この曲の魅力はどういうところだと思いますか?

高瀬統也:綺麗に歌うだけで感情が伝わる曲って、なかなかないと思うんですよね。あと、女性目線で「怖いくらい覚えてるの」とか、語尾の部分で女性らしさが伝わる曲というのが僕にとってすごく新鮮で。女性の気持ちを書くことはありますが、僕の場合は女性でも「私」とは言わずに「僕」と言い換えたりしているので、こういう表現を実際声に出して歌えることが新鮮なんですよね。ソングライティングの面でも、かなり刺激を受けた曲です。

──今回の歌唱のポイントは?

高瀬統也:型に収まらないようにしたいなと思っています。清水翔太さんは歌唱力がすごくてアレンジもかなり効いていますが、そこにとらわれず、高瀬統也の歌い方でカバーしてみたいと思っています。

──次に高瀬さんの代表曲である「どうしてfeat.野田愛実」について聞かせてください。

高瀬統也:この曲は「僕」や「私」という単語がなく、「君」だけが出てくるんですね。男が歌っても女性が歌っても、その人たちの性別に合った恋愛にフォーカスできる曲になっています。この曲は、10年音楽をやってきて一番歌詞を書くのが難しかった曲。レコーディングの前日まで書き直していて野田愛実さんを待たせてしまったんですが、翌日の彼女のレコーディングでは3テイクでOKになり、しかも1テイク目は1サビ、2テイク目は2サビ、3テイク目は大サビで使ったので全部採用だったんですよ。改めてすごいシンガーだなと思いました。

──今回は野田愛実さんも歌唱されるそうですね。

高瀬統也:はい。以前はプライベートでしか会わなかったのに、去年はツアーも一緒に回ったりして、仕事でしか会ってないくらいなんですね。リハーサルなしの一発本番も多いんですが、今日もバッチリ行けるんじゃないかなと思います。

──そしてもう1曲は「13月1日」。こちらもかなり反響の大きい楽曲になりましたね。

高瀬統也:最初に「どうしてfeat.野田愛実」が注目された時は楽曲が独り歩きしているような感覚でしたが、この「13月1日」もたくさんの方に聴いていただけるようになり、海外のファンの方もすごく増えました。僕はライブが多いタイプでもないし、顔出しをガンガンしてるわけでもないので、音源を聴いたことはあるけど生の歌を聴くのは初めてっていう人がほとんどだと思うんですね。僕自身、(他のアーティストに対して)勝手に期待しちゃって「意外と音源と違うんだな」なんて思ったりすることもあったので、今回は(音源に)より忠実に歌おうかなと思っています。

──では最後になりますが、2023年はどんな1年にしたいですか?

高瀬統也:とにかく持続というのが自分の中では大事かなと思っていて。去年はとにかく瞬発力があったと思うので、そこで出会った仲間との関係性も、今年新しく始めることも、持続させていきたいんですよね。瞬発力で生きてきた自分に持続をプラスすることによって、また新しい世界を見たいなと思っています。

取材・文:山田邦子

TOKYO MX『Artist#18File』

TOKYO MX 
毎週火曜 21:54~ (再放送:毎週日曜11:55~)
※スマートフォン用アプリ/Webサイト「エムキャス」(https://mcas.jp/)で同時配信

福井放送
毎週木曜 24:54~
※時間変更の場合あり

テレビ金沢
毎週金曜 25:59~
※時間変更の場合あり

1月ゲストアーティスト:高瀬統也

リリース情報

『13月2日』

2022年12月7日 配信リリース
https://lnk.to/jyusangatsufutsuka
M1. 13月1日
M2. I can't stop loving you(feat.野田愛実)
M3. らりるれ
M4. Make you high
M5. All or Nothing
M6. どうして(feat.野田愛実)
M7. 毒のあるA
M8. Don't stop me lyrics
M9. Tears Tears
M10. センチメンタルじゃ終わらない
M11. TWI LIGHT(feat. N.O.A)
M12. FAKER
M13. I'll be right there
M14. MINT
M15. 備忘録(Self Cover ver)
M16. どうして(feat.野田愛実)Remix by RINZO

ライブ・イベント情報

<TAKASE TOYA LIVE 2022『Road to 香港』>
12月24日(土)香港・Music Zone @ E-Max
12月25日(日)香港・Music Zone @ E-Max
この記事をツイート

この記事の関連情報